米軍基地のAH-1コブラから子猫

■ スポンサードリンク


2015年6月、米軍第10山岳師団の本拠地であるフォートドラム基地で、PTSDに対処する軍の退役軍人の為に治癒映画を使ったワークショップが開催されている時の事でした。

受講者が猫の鳴き声がする事に気が付き捜索した結果、ベース内にある車両の博物館に展示している「AH-1 コブラ」の内部に子猫がズッポリ入り込んでいるのを発見しました。

■ スキッドの根元の穴から、ちょこんと猫の姿が見えてます。

image credit:lovemeow.com

■ どうやってこんな処にもぐりこんだのでしょうか?

image credit:lovemeow.com

■まずはストローで子猫にミルクを与え、救出を試みますが無理のようでした。

image credit:lovemeow.com

■ 仕方ないので装甲を取り外す事になりました。

image credit:lovemeow.com

■ ようやく手が届きました。

image credit:lovemeow.com

■ 救出に成功!ミッションコンプリート!

image credit:lovemeow.com

■ 救出後、子猫をあやします。

image credit:lovemeow.com

■ 救出された子猫は「コブラ」と名付けられたとか。
心なしか毛皮の柄が「UCP」っぽいですね。

image credit:lovemeow.com

めでたしめでたし


via: Improvised weapons from the Croatian War of Independence
icon image: Improvised weapons from the Croatian War of Independence
edited by サバミリ管理人

■ スポンサードリンク