1942年当時の米軍第一機甲師団の貴重なカラー写真

スポンサードリンク

第二次大戦初期、ドイツ軍によって機械化部隊の有効性が証明されます。
それの影響により米軍も機甲部隊を編成し増強していくのでした。

第一機甲師団とは、1932年に実験的に編成し運用された機甲部隊のノウハウを元に、1940年に第7騎兵旅団を改編する事によって編成された戦車師団です。

この写真は、1942年6月に撮影されたとされていますので、第一機甲師団の初陣、1942年11月のトーチ作戦の直前となります。

写真の内容は機械化師団の運用に関して、新しく開発された戦術運用の為の訓練で、数千人規模の新兵、戦車、トラック、装甲車が参加したようです。

撮影はケンタッキー州フォートノクスの軍用地※にて、戦争情報局のカメラマン、アルフレッド・T・パーマー氏により、4×5(シノゴ)の大判カメラでカラーで撮影されました。
カメラについて、なにを使われたかは記述がありませんので、カメラクラスターの方は非常に気になってしまうのではないでしょか?

※フォートノクスはケンタッキー州中北部ルイスビル市の南南西に位置する軍用地で、米国連邦金塊貯蔵庫があります。

ガルパンファンやプラモデル製作の資料におすすめです。

■1 M4シャーマン初期型 主砲の下に機銃が3本出てるように見えますがなんでしょうか?詳しい方コメントお願いします。

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■2 M3 グラント/リー中戦車と戦車兵

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■3 M1ガーランドを構える歩兵とM2ハーフトラック

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■4 M4と戦車兵

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■5 M3スチュアート軽戦車

■6  M3 グラント/リー中戦車からの戦車兵の展開、トンプソンM1928A1とリボルバーはM1917と推測します。

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■7 M1ガーランドでハーフトラックから射撃

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■8 撮影用にライティングされている車長。写真撮影れている方、このライティングって独特な感じがしませんか?

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■9 主砲と空を見つめる戦車兵

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■10 M3 グラント/リー中戦車  うさぎさんチームを思い出します。

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■11 ブローニングM1919で射撃する兵士

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■12 M3スチュアート軽戦車 アヒルさんチーム

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■13 戦車から

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■14 整備兵によるメンテナンス

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■15 戦車から

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■16 M3 グラント/リー中戦車

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■17 M3 グラント/リー中戦車

image credit:LIBRARY OF CONGRESS

■18 最後に行軍シーン

image credit:LIBRARY OF CONGRESS


via: June 1942 Tank training at Fort Knox by Alex Q. Arbuckle
icon image: LIBRARY OF CONGRESS
edited by サバミリ管理人 ガルパン劇場版はまだ観ていないです。

スポンサードリンク