ASOBIBA秋葉原 サバゲレポート(1)

スポンサードリンク

平日の午前中に初めてサバゲフィールドASOBIBA秋葉原へ行ったら4人だった

サバゲ沼に舞い戻っておよそ半年が経とうかという出戻りサバゲーマーで、実家に置いてあったはずの装備品がいつの間にかすべて処分されてしまい、まさにセーブデータを消された気分の初心者ですコンニチハ。

なんとなく、サバイバルゲームっていうと『戦争ゴッコ』と言いますか、長物の電動ガン持った迷彩服のマスクマンたちが大勢集まってジャンジャンバリバリBB弾を撒き散らす遊び、のようなイメージを一般の人は持っているんじゃないかなーと勝手に思っています。

 自分も野外で遊んだことはほぼないに等しいので、広大なフィールドではそういう場面もあるんじゃないかとは思っています。何を隠そう、筆者自身の偏見でもあるのです。まあ、それはそれで面白くはあります。遠くの敵目掛けてフルオートでBB弾を高速連射、まるでビームでも撃っているかのように飛んでいくBB弾、それを眺めるだけでもなかなか愉快です。

 ですが、それはあくまでサバイバルゲームの一面でしかありません。

さて。

普段秋葉原にはまったく行かないのですが、午後にその近隣にちょっとした用事があったので「せっかくだから午前中だけでも遊んでみよう!」と思い立ち、東京マルイのグロックC18(ガスガン)とグロック17L(エアコッキング)を持ってド平日の午前中からインドアサバイバルゲームフィールド「ASOBIBA秋葉原フィールド」で遊んできました。

平日の午前中ですからねえ、土日祝日なんとかとは大違いで秋葉原も閑散としているのかと思いきや、電車の時点で既にわんさかと人、人、人。電車を降りて秋葉原の街並みを見渡せば、いわゆるオタク系のお店、おそらく同人誌ショップなんでしょうが、開店前から行列が出来ていました。平日ってのはあんまり関係ないのかもしれませんね。

朝から賑わっている秋葉原を歩いて移動して、ASOBIBA秋葉原に到着。「都会にあるインドアフィールドにしては随分広そうだな!」なんてイメージを持って行きましたので、平日の午前中という人が集まらなさそうなタイミングでも5対5くらいのアツい銃撃戦を楽しめるのだろうなーと大した根拠もなく勝手に期待していたのですが、なんとまあ、自分が一番乗り。広い待合室がなんとも悲しく見えました。

その後、やってきたのは3名。

……まあ、こんなこともある。うん。たぶん。

今回参戦したのは10時受付開始で13時ゲーム終了という時間帯。利用料は2,000円でした。けっこう安い気がします。

持ち込み銃の弾速チェック、ルール・注意事項の説明などあって実際には10:30過ぎ頃からのゲーム開始でした。

ウェブサイトのフィールドマップを見てもらえれば話は早いのですが、ASOBIBA秋葉原の特徴は、薄暗くて入り組んだバリケードが設置された「廃墟ゾーン」と、しゃがまないと身を隠せない、背の低い遮蔽物が多く配置された「森林ゾーン」が並んでいることでしょうか。

パッと見た感じでも、前者ではいわゆるCQB、後者は遠距離での射撃戦と匍匐での隠密行動が楽しめるなーという。どちらから敵陣に攻め込むか、なかなかに戦術性の高いフィールドのように思えます。

つづく


ライター とびー  サバゲ歴 出戻りサバゲーマー

アイキャッチは公式HPのスクリーンショットを利用させて頂いております。

スポンサードリンク