中国のお国事情、軍人も楽じゃない!

■ スポンサードリンク


中国といえば、アメリカとロシアに次ぐ大国として知られているお国です。

当然ながらも軍事事情も様々な事情を抱えており、最近の中国軍の問題事情とはどんなものかと言いますと……それはずばり腐敗です!

中国の軍部内部共に腐敗しており、横領に汚職などと、それが日常的に行われていると、信じられない現状があります。

中国はお国柄、共産主義国。

中国の徴兵制度

徴兵制度を設けていますが、それもお金で免除してもらえると、また一人っ子政策ゆえに、自分の子を軍隊に入れたくないお金持ちの親御さんなら、可愛い我が子の為に幾らでも積んでしまうと言う現実もあります。

その為、お金があれば入隊を免除してもらえると、軍部の上層部にとっては美味しいお話しですが、お金を稼げば、またさらに稼ぎたくなるのが人情と言うモノで、軍の備品などを横流ししてしまう軍人さんもおられるのです。

中には新兵に与える装備を売り飛ばしたり、配備する兵器や武器を外国の紛争地域や犯罪組織に売り飛ばしたりと、色々と過激な事をやっています。

最近では上層部だけではなく、軍に長く勤めている軍人なども平気で横流しをしているなど、中国軍の腐敗っぷりは加速して止まらないと、組織的な腐敗となってしまい、装備の充実化が進んでいないのが現状だったりします。

重要な都市部などの地域では最新装備ではありますが、辺境の国境地帯ともなれば、旧式の装備で軍服すらも旧装備と、中には鉄帽すらも配備されていないとの始末。

一見強そうに見えていても、実は内部はボロボロと深刻な問題をお抱えしていると、現状の悪化なども問題があります。

作者のページを見る [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由

中国軍の考察

最近では、軍のモラルも低下しているとの報告もあります。

中国軍内部のモラル低下など、ゆとりな軍人が増えている現状が現在中国軍の問題とも言われています。
現在の中国軍の新兵や兵士などのモラル低下が深刻な問題として取り上げられています。

さて、モラルの低下とは一体何かと思われる方がいらっしゃると思いますので、簡単な説明をしましょう。

まず中国は一人っ子政策を実施していたお国でもあります。

それ故に子供を大切にしすぎてしまい、過保護が行き過ぎ「小皇帝」などと呼ばれる世代が多くなりました。

これは軍部も同じで、新兵で入った兵隊にもかかわらず、権力者の子どもや金持ちの子どもだったら入隊していても、親のコネを使い、軍隊でそれなりの地位についてしまうと問題が発生してしまっています。

つまり……新兵なのに、既に将軍みたく振る舞える特権を持つ新兵が居ると、信じられない腐敗状況があるのです。

普通なら新兵ならばしなければいけない訓練を免除され、また特別に個室や掃除に訓練などもしなくてもいいと、甘やかされる軍人などもいるなど、軍隊とは思えない様な事がまかり通っていると、信じられない現状が今の中国軍にはあるのです。

現に中国軍の内部でも金持ち組や貧困組などに分けられ、裕福な金持ち組は貧困組みたくに過酷な訓練を受けなくてもいいとされ、その逆に貧困組は過酷な訓練を宛がわれ、食事すらも質素なものしか与えられないと現状がまかり通っているのです。

流石にこれは誰かが正すのではないかと思われますが、軍では出世するにもお金が必要な時勢であり、上官にお金を渡さないと階級を上げてもらえないばかりか、下手をすれば僻地に飛ばされる等、悲惨な事がまかり通るようになってしまいました。

金持ちの弧を優遇する上官や、幹部などで溢れかえり、ろくに訓練もしたことがない人物が軍の重要なポストに付き、好き勝手にするなどと、信じられない事が行われ散るのが現在の中国軍です。

中国軍のモラルとは

現に尖閣諸島問題の際に、中国軍の軍艦が日本の航空機にロックオンしたと言う事件もあるぐらいに、軍部内部の風紀は乱れ、言うなれば学級崩壊の状態になっているのです。

それゆえか、イタズラ半分で緊張状態を作ってしまうような人物が上官になってしまい、そのツケを貧困組が補うと、本来平等を解くはずの共産主義が瓦解し、軍ですらもこのような事態に陥ってしまい、その状況は海外に対する貢献にまで影響を及ぼしています。

軍内部の腐敗とモラルの低下などと、前記で記していた内容など踏まえ、今の中国軍は数が多くても、中身が瓦解していると、その資質の欠如が浮き彫りになっています。

だったら恐れる必要はないんじゃないと、そう安心も出来ないのです。

中国軍は現在暴発しやすい状態とも言われており、下手をすればクーデターすら起こるのではないかと言われている程に、その内部事情は不安定化しています。

また軍部の貧困格差などが問題になり、命令を聞かない部下などが信じられないかもしれませんが、現実にいるのです。

上官の命令を親のコネで聴かないと、内部事情が問題視されている中国軍。

武器や装備は新しくしていても、それを使う人間のモラルや組織力が低下してしまえば意味は無くなってしまい、それゆえにいつ暴発し、それが自分達の国に向けられるか解ら無い内部事情など抱えている事が、現在の中国の問題とも言えます。


Writing by  イバ
※個人的な考察となります。

アニメや漫画にライトノベルや映画などを趣味にし、アーミー関連にも深くなく浅い趣味を持つオタク未満なマニア以上な人物です。
コアなアーミーマニアの人に怒られることもしばしば、でもアーミー関連の愛は本物なのでご安心を。
こんなふうに何事も自由に深い考証で考えないようにしていますので、よろしくお願いします。

icon image: 作者 photo by U.S. Air Force Staff Sgt. D. Myles Cullen [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由

■ スポンサードリンク