元自衛隊員の体験、もし戦車が来たら貴方はどうしますか?!

スポンサードリンク

訓練中の体験を元にした、元自衛隊員の方の体験記がよせられました。
ゲームなんかじゃなく、実際に戦車と遭遇する事の恐怖を語っておられます。

その当時のこの話は、今でも心の奥底でトラウマとなっているとの事です。
あまりこのような経験談は、話すことも必要も無いと仰ってました。
どういう心中かを察することはできませんが、それでもあえて語って頂いた貴重な体験談です。

目的、意図も解りません。
知らない異質のものが突然目の前に現れるなんて・・・そんなもんです。

ただ、自分の思考が、止まっていくのがわかるぐらいです。
それでも、必死に状況を理解しようとするだけです。
まず、「やばい。戦車だ。」そこからでした。

衝撃力というのは、思考を止めます。

経験したことのない地響き。微妙に地面揺れているんです。
まず、「何か、まずいものが、近づいてきている。」

エンジンの音で、人工物であることを認識しますが、すでに本来の業務には、思考が回っていません。手が止まっている状態になります。

そして、眼前に「戦車」が飛び込んでくると、完全に「停止」色々なものが、、、

何もできませんし、できることがないんです。
普通の車なら、操縦している人の動作、顔や目を見れば、少しは、情報が入ります。
しかし、わからないんです。顔なんか出していませんし、そもそも、どういう動きをするのかも、いまいちわかっていません。

とにかく、「敵対されれば確実に死ぬ。」

これだけです。

だから、たとえば携帯対戦車弾をもっていても、確実にやっつける保証もないのに、自らアタックすることはできません。
撃ち漏らせば、確実に仕留められてしまいます。
(そもそも、現出した衝撃力でそこまで考えられません)

私はそもそも兵士ではなかったですが、片方の勢力に加担していましたので、反対側の勢力側の戦車なら攻撃されるのは十分考えられました。

砲塔も砲身も動いていましたから、何かを探しているか、狙っているのかでしょう。
私を見つければ、どうにかなると思いました。

結果、私はその場で何も動くことができずに、立っていることしかできませんでした。

その時、動けますか?想像してみてください。
私は、戦車の衝撃力を経験して「恐怖」を植え付けられて・・・

今、生きています。


Writing by 当分伍長 40歳前半 元その手の仕事してました。

スポンサードリンク