日本帝国軍海軍基地のあった大山の不思議な話

■ スポンサードリンク


茨城県稲敷郡美浦村大山はかつて日本帝国軍海軍所属の水上機搭乗訓練校、霞ケ浦分院では戦争でけがをした人々を救護する施設や駐屯地があってその場所で亡くなった方々もたくさんいたということです。

なお鳥や獣などの侵入も激しく糞尿も多いのであまり行くことはお勧めしません。
呪いのビデオのロケ場所になっていたこともあってこの場所では今でも首のない幽霊や戦争中に亡くなった方々の無念の幽霊がいるようです。

霞ケ浦分院は廃墟になってなお開かずの間があるなどの特徴もあり、取り壊しもいまだされていない模様です。その異様な雰囲気が漂う外観もあってか心霊スポットとしても有名であります。

しかし実際にはそれ以外どういった霊現象があるのかは明らかにされておらず謎もある場所です。


Writing by  TM29
サバイバル関連のゲームをよくプレイします。

■ スポンサードリンク