初めてサバゲーやってみて気がついた事

スポンサードリンク

初めてサバイバルゲームに行く時、一番困るのは服装であります。

靴以外のエアソフトガンや迷彩服、マスク、ゴーグルといった装備一式をレンタルできる場所も多いので 運動しやすい靴で来るだけでそのままサバゲーを楽しむことができます。

【サバイバルゲームでは顔を守るのが必須】

サバゲーでは顔全面を覆うフェイスカード、もしくはゴーグル+マスクの着用が必須となります。

ボレー製やボレータイプのゴーグルだと全体がクリア素材で出来てるので視界が良好です。

メッシュゴーグルだと、レンズが無いので曇ることがないのですが、視界が少し暗くなってしまうのと、弾が当たって砕けてしまった時に破片が入ってきそうで、ちょっと怖いです。

マスクをすると圧迫感があるので、そういった感じが苦手な方にはメッシュのマスクを使用すると 通気性も抜群で、苦しい思いをしないで楽しむことができます。

【弾が当たるのを防ぐグローブとストールは重要】

指先や首に弾が当たるのを防いでくれます。また、ひざをついて構えることが多いのでエルボーパッドやニーパッドもあると便利です。

弾は小さいですが、当たったときの衝撃は想像以上にすごいですし、痛みもあります。

痛みを守る防御をするのはサバゲーを行う上では重要です。

【サバゲーのファッションについて】

上記の最低限な防御さえしっかりしていれば、服装に関しては 動きやすいことと肌を保護する服装であれば、わざわざレンタルをしなくても、自分の持っている私服でも対応できます。

実はパーカーにジーンズといった格好でも問題ありません。

中には仕事帰りにサバゲーを楽しむ方もいらっしゃるので、自分なりのサバゲーファッションを模索するのも楽しみのひとつと言えます。

サバゲーをやっている人は色々な服装で楽しんでいるので、ほかの人の服装を観察してみるのも新しい発見にも繋がります。

動きやすい服装であれば、迷彩服でなくても遊ぶことができます。
慣れてきたら、スーツや私服、好きなキャラクターのコスプレなど、自由な服装で楽しむことも可能です。

迷彩服のイメージですが、それ以外のさまざまなファッションで自分らしく楽しめることもサバゲーの魅力だと言えます。

ただ、フィールドの場所によってはそれに合わせた装備を変えた方が良い場合もあります。
山や森、砂地などの場合は、パーカやジーンズといったカジュアルなファッションよりも それなりの装備があった方がより安全です。室内では基本好きな服装で体験することができると言えます。

サバゲーのファッションは意外と奥深いことが分かります。

ほぼユニクロで、予算1万円以下ぐらいで揃えてみました。


ライター まこぴ アウトドアにハマっています。

スポンサードリンク