【twitter企画報告】ジリオンをサバゲで使ってみた

■ スポンサードリンク


特定数のリツイートがあれば「サバゲでジリオンを使う」というtwitterの企画の報告です。
「ジリオン」ってなに?という方の為に解説します。

「ジリオン」とは、セガ・エンタープライゼス(セガゲームス)が「超高速光線銃ジリオン」の名称で80年代に発売していた玩具の光線銃です。
ストロボ発光式の銃本体と受光センサーがセットで販売され、付属のハーネスで胸など体に取り付けた受光センサーを撃ち合って遊びます。

ですので、「ジリオン」はBB弾はおろか射撃機能が全くありません。
フラッシュが光るだけのトイガンです。

■後期型のジリオン
当時購入した物で今でも発光します。
受講センサーは紛失してしまいました。

外部バッテリーの単発式初期型でしたが、アニメの放送中に大幅なモデルチェンジに伴って、セミオートでの連射が可能となったニュージリオンが発売されるのでした。

最初は全く売れなかったのですが、しばらくして『赤い光弾ジリオン』が放映、販促アニメとしては魅力的なキャラクターで濃厚なストーリー展開で、思いもよらぬ良作で大ヒットしその存在を世に知らしめる事となります。

twitterの企画とは

このような感じで最終的は77リツイートされました。
サイドアームで数ゲームという事でしたが、仲間だけの身内ゲームとはいえ流石に気が引けたのでメインアームとして1ゲームだけ使わせてもらいました。

さらには管理人のジリオンは内部がカスタマイズされていて、ステルス性(笑)とバッテリー燃費の向上の為に「キューン」と発射音すらカットしてあります。

もう何と戦えば良いのやらw
ゲームの内容をFPSっぽいカメラワークで撮影しましたのでご覧ください。

敵は見えるのですが・・・・

ちなみに敵側の反応は・・・
・また怪しい事してるw
・今度はどんな改造したw
・電ガン仕込んでるのかとばかりw
・フラッシュライトかとオモタw
・こーころにあるピュアストーーーーン
などでした。


Writing by サバミリ管理人

■ スポンサードリンク