ブルース・リーの死の真相

今回取り上げたい記事は、あの伝説的アクション映画スター「ブルース・リー」の死の真相についてまとめていきたいと思います。
なお、この死因については都市伝説の範疇に入るような情報なので、賛否両論があるとは思いますが、謎多き彼の死に触れていきたいと思います。

ブルース・リーとは?

まず今さながら、ブルース・リーの紹介は簡単にしていきたいと思います。
彼の正式名称は漢字名で李小龍「レイ・シウロンかリー・シャオロン」。

俳優の息子として生を受けた彼は、喧嘩も体格差のある大柄な白人も殴り飛ばしてしまう程の実力を持っていましたが、粗暴の悪さが祟ってしまい、父親から渡米を言い渡されます。
そこでの貧乏生活に耐え、様々なアルバイトに身をやつし、ついには異国の地で道場を経営する事となります。

そしてそこで運命の転機が訪れます。
とあるテレビのプロデューサーに彼の格闘技の腕前が目に留まり、俳優となり、アメリカにカンフーブームを巻き起こし、いつしかブルース・リーは映画俳優としての名前を歴史に遺す様になります。
まさにアメリカンドリームのサクセスストーリー。
後に多くの漫画やアニメ、映画にドラマなどの創作作品に、彼をモデルにしたヒーローなどが多数登場するようになり、後の様々な作品にも多大なる影響を与えたブルース・リー。

ブルース・リーの悩みと悲劇

俳優として活躍する彼には、常に悩みが付きまとっていました。
それは非常に痩せやすい体質だった事と、筋肉が付きにくい身体をしていた事で、ブルース・リーが常に求めていた身体は、欧米人みたく筋肉に覆われていた身体でした。

幼いころから大柄の身体を見て育ったブルース・リーにとっては、自分の身体付はコンプレックスの象徴。
常に身体を鍛える事に囚われ、結果として武道に打ち込み、優れた身体能力を手にしたと言われています。

しかし悲劇はここから始まってしまいます。
映画俳優としての活躍の幅が広がり、身体を鍛える時間も割かれるほどに、彼の人生は多忙を極めていきました。
そのせいで筋肉が落ちてしまい、身体がさらに細くなるほど彼には耐えられない日々がはじまってしまいます。

現に記録にある様に、彼は台本を見ながら走っていたり、また撮影の待ち時間に身体を鍛えたりと、常にトレーニングを欠かした事は無く、身体を鍛える事に憑りつかれていたと揶揄されるほど鍛え込んでいたのです。
そんな中で彼は、筋肉強化剤やまた後に問題となる薬剤などにも手を出してしまい、公式発表されている脳浮腫と大麻の検出も、これが原因ではないかと言われています。

まとめ

最強の身体を維持し続ける事に囚われ、己を常に鍛え込んでいたブルース・リー。

死因はその他にも様々とあり、中には政府による暗殺説や裏社会とのトラブルなど、様々な説が後を絶ちませんが、彼の強さはこれからも語られてくれる事でしょう。

イバ・ヨシアキと申します。
昔はブルース・リーみたく強くなりたいと思い、身体を鍛えていたのですが、すぐに筋肉痛に負けてしまい、最強に道を諦めました。
そんなライターですが、宜しくお願い致します。

eyecatch source:文子言木, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由

最新情報をチェックしよう!