CATEGORY

日本の戦争を語り継ぐ

  • 2019-11-10
  • 2019-11-09

父のトラウマ、ペットと家とのお別れ。

この話は、わたしが父から聞いた話です。 父は太平洋戦争中当時、小学生でしたが呉で比較的余裕のある生活をしていました。 そんな父が戦争で負った心の傷のお話です。 軍港都市呉での出来事 呉といえばあの世界最大の軍艦「大和」を建造した、当時は東洋一の軍港で […]

  • 2019-11-03
  • 2019-11-02

忘れられない、強く握った手。

昔学生の頃に学校の行事で広島ドームに行った時の話です。 様々な悲惨なパネルやドームを見たあと、幼いながらも恐怖やいたたまれない現実に遭遇し、思い想いの時間を過ごしたあと広間に集められました。 そこには微笑みをたたえた、おばあさまがいらっしゃり、続々と […]

  • 2019-10-31
  • 2019-10-27

広島に行かずに済んで命拾い

わたしが中学生の頃に母から親戚のおじいさんについて話してもらいました。そのおじいさんは、わたしが産まれる前に亡くなっています。 キッカケは中学校での授業でした。家族に戦争について聞いてきなさい。でも、わたしの家族に年配の方は居ませんでした。すでに亡く […]

  • 2019-10-27
  • 2019-10-26

樺太での日々と戦後日本での生活

この話は、御年80才overの私のおばあちゃんと、その姉と妹…3人が、昨年のお盆で集まったときに語っていた思い出話です。 おばあちゃん姉妹、樺太での日々 おばあちゃんとその姉、妹は3人とも年齢からは想像できないほど元気です。お酒を飲みながら、ふと幼少 […]

  • 2019-10-22
  • 2019-10-19

敬虔なクリスチャンが戦争に

私の祖父の話です。 祖父は長崎県の五島列島出身の漁師で、敬虔なクリスチャンでした。 その長女の叔母から聞いた祖父の話をします。 争いごとが基本的に嫌い、そして物に執着しないタイプの人で、漁師の日々は毎日食べれるものがあればそれでよい。 それ以上のもの […]

  • 2019-10-13
  • 2019-10-13

返されるというケース

母親に祖父の話を書きます。 返されるというケース 我が家の母方は、戦争では以外に悲惨な状況ではありませんでした。母も幼かったせいかあまり祖母の話しを全部聞いたわけではありませんが、一応祖父も帝国海軍に取集されたようです。しかしどうも暫くして帰ってきて […]

  • 2019-10-06
  • 2019-10-06

陸軍書記官の家の場合

私の曽祖父とその息子の祖父の話をします。 曽祖父は旧日本軍陸軍のどこかの書記官だったそうです。 第一次世界大戦や日清戦争の辺りでは戦車に乗っていたのですが達筆な部分を買われて出世、書記官になったようです。 ただ私は旧日本軍の話は詳しくないですし、曽祖 […]

  • 2019-09-30
  • 2019-09-28

今私がここにいる奇跡

私の祖父は太平洋戦争の時に中国に出征しました。 無事生還し、何十年もの年月が過ぎてからも、祖父の頭には戦時中の出来事が鮮明に残っていたようです。 まだ小さかった孫の私に、いつも戦争で体験した出来事をいろいろと話してくれました。 祖父の唯一嫌いな食べ物 […]