FPS「レインボーシックスジージ」にハマっています

■ スポンサードリンク


2017/12月、現在の同時接続数は発売当初の3倍超(PCの調査)。
今最も熱いPC,PS4のFPSレインボーシックスシージ。

レインボーシックスシージとは

レインボーシックスと言われても興味のない人なら「なんそれ?」となると思います。

FPSゲームと言えばやっぱりBFシリーズやCODシリーズが圧倒的な知名度を誇っています。
しかしそれは知名度の話です。

今最も熱く、面白いFPSゲームと言えば間違いなくレインボーシックスシージです。ではなぜ他のFPSよりも面白いのか?他のFPSとの違い、このゲームにしかない魅力を書いていきます。

レインボーシックスシージの特徴

まずこのゲーム、他のゲームと違ってリスポーン(生き返れません)がありません。
BFシリーズやCODシリーズは基本的に自分が死んでも何回でも生き返り、戦うことが出来ます。

しかしこのゲームはリスポンがなく、もし自分が死んだらそのラウンドの間ずっと味方の観戦画面・・・これを聞くと全然面白くないと思う人も多いと思いますが、実はこのリスポンなしのシステムがこのゲームが支持されている最大の理由です。

リスポンなしという事は1ラウンドで自分の命は一つだけ。

それが他のゲームでは味わえないものすごい緊張感を生み、敵をキルした時にものすごい達成感を得られるわけです。

少人数制の緊張感

またこのゲームは5対5の計10人で試合を行うので1人1人の責任やプレッシャーは格段に大きいです。しかも味方が自分以外全員死んでしまい自分だけが生き残ってしまったとき、味方全員が自分のプレーを観戦することになります。

1対1なんて時は責任感を感じものすごい緊張しますし、自分のおかげでチームが買った時はものすごく嬉しくなります。

衰えない人気

実はこのゲームPC版だと現在の同時接続人数が発売当初の3倍超。9割以上のゲームが発売当初に一番盛り上がる中、このゲームは発売から2年たった今のほうが3倍も多いのです。

またゲオやツタヤでPS4版のレインボーシックスを買おうとすると、今でも中古のソフト価格が5000円を超えています。
2年も経っても中古価格が5000円のソフトなんてこのソフトだけです。

『レインボーシックスシージ』 戦略ガイドムービー – youtube


Writing by RU
今PC,PS4で大人気のFPSゲーム「レインボーシックスジージ」にハマっています。
バイク購入のため、1年前にゲーム関連の物は全部売ってしまいましたがレインボーシックスだけはどうしても売りたくなくて売りませんでした。
そして今も毎日やっています。

(C)  2015 Tom Clancy`s Rainbow Six Siege Ubisoft Montreal

■ スポンサードリンク