マラソンとはひと味違うトレイルランの面白さ

皆さんはトレイルランというスポーツをご存じですか?
日本ではマラソン人口が増え、マラソンに打ち込む人が多い中、トレイルランというマラソンとはひと味違った面白さのスポーツがあります。

その魅力について

トレイルランとは山道など舗装されていないコースを走るスポーツのことです。
マラソンよりも規模は劣るものの、マラソン大会同様にトレイルランの大会も全国で開催されています。

私は今年初めてトレイルランの大会に出場しました。

マラソンとは勝手が違い戸惑いましたが、マラソンとは違うトレイルランの面白さ奥深さに気づきました。

私が感じたトレイルランの魅力は様々あります。

装備について

マラソンではサングラスやアームウォーマー程度であれば身に付けることもありますが、「装備」と言う言葉はピンとこないと思います。

私はトレイルランの大会には初出場だったためマラソン大会の時と全く同じ格好で出場しました。
しかし、周りの熟練者達はリュックを背負っているのが多いことに気付きました。

mako10 [CC BY 2.0], ウィキメディア・コモンズ経由
後になって知ったのですが、リュックにはエネルギー補給のドリンクや食べ物が入っていたようです。
中には、リュックにドリンクを入れたままストローだけが伸びていて飲水できるようなものもありました。

そうした装備も混みでのスポーツというのが魅力的だと思いました。
装備を軽くして(もしくは全く持たずに)エネルギー補給なしでいくか、レース中のエネルギー補給を予定しての装備とするかなど戦略的要素もあると感じました。

独自の走り方

トレイルランのコースは簡単にいえば走るのに適していないコースです。
そのためマラソンと同じような走り方ではすぐに疲労が蓄積したり、転倒してしまったりします。
もちろん私は初出場で何もわからなかったので、疲労の蓄積と転倒の両方体験してきました。

こうした走り方のコツがあるのも奥が深いと感じました。
このようにトレイルランにはマラソンとはまた違った要素があるのを知りました。
単純に足が速い方が勝つというスポーツでもないのだと感じました。

そして、山道を颯爽と駆け回るのは快感です。
トレイルランはマラソンとはひと味違った面白さのあるスポーツです。


Writing by マラソンマン

私は30代の男性会社員です。
数年前にマラソンを始めて、これまで数々の大会に出場してきました。

最新情報をチェックしよう!