武器兵器の描写が素晴らしい武器商人アニメ「ヨルムンガンド」

■ スポンサードリンク


「僕は武器商人と旅をすることになった」幼い少年兵が麗しき天才武器商人ココと出会った時、その少年の人生は一変することとなった。

こんにちは、ミリタリー系オススメアニメの紹介です。突然ですが、あなたがミリタリーアニメに求めるものは何でしょうか?ストーリーの面白さ?キャラの可愛さ?戦闘の派手さ?感動の展開?などなど色々とあると思いますが、今回あなたに注目していただきたいポイントは 「武器や兵器のリアルな描写」です。

(C) 2012 ヨルムンガンド 高橋慶太郎・小学館/ヨルムンガンド製作委員会

どうせアニメに出てくる武器なんておもちゃみたいな感じだろ?という方に、ぜひぜひ見ていただきたいものがあるのです。
それが「ヨルムンガンド」。
とにかく武器や兵器の描写がリアルです。そしてさらに、物語自体も非常に面白いです。
武器を扱う世界に生きるそれぞれの登場人物たちも個性派揃いで、一度見たら二度三度とまた見たくなる作品です。

簡単に世界観をご紹介します

主人公のココ・ヘクマティアルは世界最大の海運会社に所属する武器商人です。父はその会社の社長で、幼い頃から世界中を飛び回り武器や兵器を売りさばきます。

(C) 2012 ヨルムンガンド 高橋慶太郎・小学館/ヨルムンガンド製作委員会

その世界では超がつくほどの有名人で、FBIのブラックリストにも名を連ねる危険人物。そして、そんな戦場を渡り歩くうら若き乙女でもあるココを銃弾の嵐から守るのが9人の護衛達です。

世界中の軍関係と対等に渡り合える天才武器商人

その身は常に危険にさらされています。そのために常に護衛とともに行動するのですが、彼らの経歴も並外れています。元デルタフォースのエース、SWATの狙撃兵、凄腕の女兵士、マフィアの護衛、自衛官、爆弾魔、幼い少年兵と個性派揃いです。

(C) 2012 ヨルムンガンド 高橋慶太郎・小学館/ヨルムンガンド製作委員会

特に注目は少年兵のヨナ、「僕は武器商人と旅をすることになった」というセリフから物語が始まります。
ココもヨナもその仕事柄、常に命の危機に晒されます。殺し屋に命を狙われ、商売敵に妨害に愛、軍隊にも追いかけられ、さらにはCIAの高官にも目をつけられてしまう始末です。

その活動範囲は世界中

アフリカの戦地に中東のドバイ、さらには日本の海ほたるも登場します。
そして、それらの地で敵と激しい戦闘が繰り広げられのですが、その戦闘シーンが感動ものです。

(C) 2012 ヨルムンガンド 高橋慶太郎・小学館/ヨルムンガンド製作委員会

繰り返しになりますが、このアニメの一番のポイントは、何と言ってもその戦闘の迫力と武器の描写のリアルさです。
拳銃の質感や発泡音はもちろんのこと、機関銃やガトリングガン、さらには大型のキャノンに赤外線センサー付ミサイルまで出てきます。地対空ミサイルにロックオンされた輸送機がフレアを発射する場面など、あまりの美しさに鳥肌ものでした。

とにかく、ミリタリー好きならば一度は必ず見なければいけない必須アニメ、それがヨルムンガンドです!

コミックマーケット82公開 ヨルムンガンド PERFECT ORDER PV – youtube


Writing by ミカエル
子供の頃からミリタリー系大好きです。エアガンにミリタリー雑誌にアニメも大好きです。

(C) 2012 ヨルムンガンド 高橋慶太郎・小学館/ヨルムンガンド製作委員会

■ スポンサードリンク