運転中には聞かないほうがよい?!ワーグナーの「ワルキューレの騎行」

■ スポンサードリンク


「ワルキューレの騎行」は映画「地獄の黙示録」などにも使われるワーグナーによる楽曲です。

曲調も一定でなく運転者を徐々に焦らせる曲であり、運転中に聞いてはいけない楽曲のひとつとして知られます。

映画「地獄の黙示録」については、1979年フランシス・フォード・コッポラ氏による戦争映画であり、日本での公開が1980年2月に公開された作品です。
特に日本公開版の予告編では、これはコッポラの生んだ生き物だとか、いろいろと評されているようです。

『地獄の黙示録 劇場公開版』予告編 – youtube

さすがは「ゴッドファーザー」など数多くの名作映画を世に発表してきた、コッポラの名作映画と呼ぶにふさわしい作品です。戦争映画ファンの間でも、この映画を持たずして映画ファンは語れないとまで言われるほどの作品であり、わたしもいつか本編を見てみたいと思っています。

「ワルキューレの騎行」という楽曲は、ワーグナーの楽曲の中でも比較的有名な部類の曲で、ワーグナーを象徴する楽曲のひとつだとわたしは認識していて、いつかCDを購入して楽曲をフルで聞いてみたいと思っています。

ちょうど例のサビの部分くらいしか聞いたことがないので、機会があったら是非聞いてみたいと思います。ワーグナーは他にも「タンホイザー」や「ローエングリン」などさまざまな歌劇を作曲していてますます興味のわく素晴らしい人物だと思いました。またどの楽曲も非常に素晴らしいものではないかと思います。

今度店頭に立ち寄る機会があればぜひとも調べたいです。

著作権フリーの音楽 クラシック ワーグナー ワルキューレの騎行 高音質 – youtube


Writing by TM
FPSをよくプレイします。

■ スポンサードリンク