サバゲーをする女性も増えてきて楽しい限りです!

■ スポンサードリンク


最近サバイバルゲームをしている女性も昔と比べ増えていた気がします。
遊ぶとスペックも高く、上手な方が多い気がします。ミリタリーファッションも男より様になっていてカジュアルでかっこいいと思います。
もっとサバゲーの女性人口も増えて行けばいいなと個人的に思っています。

私は、20代の頃から人に誘われてサバイバルゲームを始めました。
現在もチームに所属して、年数回山に行きフィールドで遊んでいます。
私のサバイバルゲームのチームは若い方から年配の方までいます。
数年前ですがチームに加入した女性が3人いて現在も続けています。(一人産休中で当分休みですが。)

数年前に20代の女性Hさんと30代のKさんという女性が加入しました。
二人とも地元のモデルガンショップのサバゲーチーム募集の記事を見て加入しました。

Hさんは・・・

Hさんは大学を卒業し、私達の地元の製薬会社に就職し研究室で働いています。

お兄さんも現役でサバゲーをされている方で、よくお兄さんに指導され撃ち合ったりしたそうです。
主にアタッカーでスコーピオンを楽々使っています。

彼女のファッションは常にミリタリーで迷彩柄の物を好んでいます。たまに街で買い物であった時も私服はそれで似合ってます。
車がD社の軽ですが緑色でリアには迷彩のステッカーを張る程です。チームの忘年会でも「もう昔からサバゲー兄貴としているからやめられないですよ。趣味でもあるし、ストレス解消になるし彼氏はいりませんね。」と言いながらビールを何本も開ける猛者です…。

Kさんは・・・

もう一人のKさんは30代の主婦で、3人の子供さんも居ます。

何故サバゲーを始めるきっかけになったかというとご主人が元自衛官でした。
横須賀で出会い結婚しましたが、ご主人の体調と家業のお茶専門店を継ぐことになり私達の地元に来てストレス解消と運動不足の為に加入しました。
ご主人も応援してくれてます。

こちらのKさんも「モデルガンとはいえ銃を撃つ爽快感はいいですね。最高です。」と常に言い、スナイパーでドラグノフを使用しています。

二人のプレースタイル

普段は穏やかな二人ですがゲームになると豹変します。
Hさんはゲームになると顔つきが変わりスコーピオンで威嚇射撃しながら移動、果敢にアタックしてきます。

こちらが狙っても動きがすばしっこくて直ぐに回避され、逆に撃たれてヒットされるという事が多々あります。
情けないですが。大体ゲームで最後まで残るのは彼女です。

そしてKさん。

自ら志願したスナイパーで大活躍です。年数回のゲームは家の都合で毎回これませんが来たときの集中力は尋常じゃありません。
正確に相手の急所をヒットさせて9割正確です。しかもどこから打たれるのかわからなくて恐怖です。
私は補給担当やバックアップ、陣地を守ることが多いのですがどんなところに居てもヒットされるので蜂のように刺される感覚の弾が恐怖です。

二人の女性を見てきてますが、動きや狙いは男に勝る時がありスペック高いなーと毎回ゲームするたびに悔しさもありますが関心もします。
女性のミリタリー姿も新鮮でゲームをしてもしなくても似合ってなかなかいいものがあります。

ASOBIMOでゲームをした

先日も秋葉原に用事がありASOBIMOで待合の方々とゲームを急遽することになり、そのチームの方に女性が二人いました。

一人は完全初心者でしたが、事態に慣れてくると怖がっていたのから一遍叫びながら撃ってきました。腰はだいぶ引いていたけどグリップや撃つ姿が結構安定していたのでびっくりでした。

もう一人の女性は経験者なのか素早く廃墟や森林エリアを動き、こちらが攻撃しても直ぐ回避、ダッシュし撃つ。
ヒットアウエイを言葉のとおり繰り返しました。

ゲームも最後の一人として残っていてヒットさせて勝つまで正直手こずりました。
海外の女性客もきていたり、仕事帰りのOLさんも居たりと以前より増えてきた気がします。

個人的にサバゲーをする女性が増えれば楽しくなると思います。下手なスポーツや運動するよりもいいんじゃないかと思います。
初期投資はそれなりですが、頭も使うし運動量もある。毎回でなく都合のついたときに遊べばいいので可能な限り続けてもらいたいと思います。

チームの二人もずっと続けると言っているのでありがたいし今後が楽しみです。
サバゲーの可能性と将来に期待したいです。


Writing by 悠生
サバイバルゲームをして楽しんでいる下手くそな小市民です。
愛銃のPX4(近々別の物を購入予定)でチームに所属して楽しく遊んでいます。
ストレス解消と非日常体験ができるので良いです。

■ スポンサードリンク