1/144 RX-78F00 ガンダム&ガンダムドックを組み立てた

プレミアムバンダイで発売された、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの1/144 RX-78F00 ガンダム&ガンダムドックを組み立てました。
このキットはHG、RGなどの表記はありませんが立ち位置的にはHGに近いもので、近年の最新仕様の一段階前のポリキャップを使用するタイプで、肘関節はKPSとなっており、カメラアイ部分はクリアーパーツを採用しています。

横浜の歩く実物大ガンダムは青や黄色の部分がツートンにはっきりと色分けされているのが大きな特徴ですが、このキットでは青や黄色のパーツは1色で表現されているため、完全再現を目指すには塗装が必要になります。
ホワイト部分もツートンのようにも見えるのですが、説明書には全身のフルカラーは掲載されておらず、インターネット上の資料ではまだよくわからない部分が多く、歩くガンダムの一般展示の際により明らかになるでしょう。

また、グレーからガンメタリックあたりの濃い色で表現されている部分が脚や腰アーマーなどに見られますがこの部分も塗り分けされていません。
スケールが小さいことからある程度濃い色で塗ったほうがわかりやすいでしょう。さらには股間のVマークの黄色も色分けされていないので注意が必要です。

ガンダムドックは構造体がしっかりと作られており、迫力があるうえ、スケールモデル的な感覚もあります。
こちらは設計段階で変更があったのか、手すりの数などが異なっているようです。こちらも実物の展示でより細くデザインが分かるでしょう。

可動する手すり部分は板状になっている箇所がありますが、エッチングパーツなどに変更するとよりリアルになる部分です。
ガンダム本体に接続して歩くのをサポートする部分に関しても詳細な色分けは模型では再現されていないため実物を参考にすると楽しいと思います。

組立自体は簡単ですが塗装しがいのあるキットなので、デザインが気に入った方は是非ともお勧めです。
今回の1/144 RX-78F00 ガンダム&ガンダムドックは店頭販売がなくプレミアバンダイwebショップのみの発売となり、2次ロットも終了しています。
現在入手が難しいキットとなっておりますが、はっきりとは解りませんが次のロットもあるかもしれませんし、もしかしたら、GUNDAM FACTORY YOKOHAMAの会場で購入する事も可能になるかもしれません、急がずに様子を見るのが良いと思います。

最新情報をチェックしよう!