茶臼岳で初心者も気軽に標高1500m越えの景色を味わおう!

登山をしたことがない人でも、気軽に標高1500mより高い景色を体験できる山、それが茶臼岳です!

茶臼岳ってどんな山?

茶臼岳というのは、栃木県にある日本百名山の一つで、那須岳という山に連なっている山です。頂上の標高は1800mを超え、そこから見える景色は荒涼としていて、とても高度感のある景色を味わうことができます!

茶臼岳が登山初心者にもおすすめな理由!

そんな標高の高い山に、どうやって初心者が行けるのかと疑問に思った人もいるかもしれませんが、その答えは、茶臼岳の二つのルートのうちの一つにあります。

そのルートは、初心者でも登りやすいように標高1600m地点までロープウェイで行き、そこから頂上までの残り200mほどを歩いて登るというものです!

とてもお気軽な登山にもかかわらず、とても高い景色と荒れた登山道を体験でき、これぞ登山という感覚を味わえます。

登山口にあるロープウェイ駅のところには駐車場もたくさんあるため、車でいって登山をして日帰りで帰るなんてことも関東圏に住んでいる人ならできるところもまた魅力です。登山をしてみたかったけど体力に自信が無かったり、ハマるかはわからないけどとりあえずやってみたいという方にはぜひおすすめです!

茶臼岳の景色のおすすめポイント!

標高のとても高いところまで行けるのはわかったけど、そこまで行っていったい何があるのかと思った読者の方もいるかもしれませんので、茶臼岳から見える景色の中でおすすめなポイントを紹介します。

茶臼岳の頂上付近は、森林限界に達しているため林や森、木の一本だって、ましてや背の高い植物すら生えておりません。登山道から周りを見渡せばごつごつとした岩肌や硫黄のガスがモクモクと立ち込めているのが目にできます。

またGWくらいの時期に行くと、頂上付近はまだ雪が残っていて、周りの山の稜線が白く染まっているのが見えますよ!

茶臼岳、登山未経験の方でも気軽に行けちゃう山として、是非お勧めです!


ライター ザック

登山やツーリングにハマっています。

最新情報をチェックしよう!