アカデミー賞3賞を獲得した驚異の戦争映画「1917」

「1917 命をかけた伝令」は映画賞の最高峰の一つであるアカデミー賞において、撮影賞・視覚効果賞・録音賞の3つの賞を獲得した作品だ。

「1917 命をかけた伝令」は、タイトル通りに第一次世界大戦の西部戦線を舞台にした戦争映画で、イギリスとアメリカの合作となっている。戦争映画としては珍しく評論家からの評価も高く、インターネットなどでの評価も軒並み良好な作品であり、ミリタリーマニアならば一見して損はないと言えるだろう。 

(C)2019 1917 命をかけた伝令 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

ストーリーは1,600名の友軍の命を救うべく伝令任務を命じられた二人の若きイギリス兵が、その任を全うすべく最前線の部隊へとひたすら突き進む明快なストーリーだ。

第一次世界大戦の西部戦線を舞台にしているだけあって、その代名詞とも言える塹壕戦の描写は見応えがあると感じる。
途中のシーンの中に破棄されたイギリスのMk.1戦車がチラリと描かれていたりと、ツボを押さえた映像には思わず身を乗り出さずにはいられない。

(C)2019 1917 命をかけた伝令 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

この「1917 命をかけた伝令」がアカデミー賞3賞を獲得できた理由として、多くの意見としてひとつながり・ワンカットに見える驚異の映像であると語られている。 しかしてそうした映画制作の技巧に疎い目からすると、戦争映画としての迫力と言う点ではいささか物足りなさを感じてしまうこともあるように感じる。

例えば第二次世界大戦ものではあるが、「プライベート・ライアン」などの圧倒的な戦闘シーンの映像と比較するとその感は一層強いのではないだろうか? 特に塹壕戦とは言え、多くの兵士が敵に向かって進むと言うような描写は少なく、大砲の炸裂と塹壕内の混雑でしか戦場の様子が描かれていないようにも見受けられた。

(C)2019 1917 命をかけた伝令 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

またガンマニアであればもちろん使用される銃器に目が向くのだが、塹壕戦で活躍したであろうサブマシンガンなどはあまり登場せず、その意味からも残念ではある。 但し戦争アクションとしてはなく、あくまでも主人公ら若い兵士目線の壮絶な戦場という雰囲気は十分に感じられるので、そうした見方には馴染まないのかも知れない。

この作品は戦争ものと言うくくりで見ないほうが正解だろう。


S&W
元ガンマニアです。

(C)2019 1917 命をかけた伝令 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

最新情報をチェックしよう!