「サバゲーフィールドAF」サバゲレポート

■ スポンサードリンク


サバゲ仲間で有志を募り、長野県佐久市のサバゲーフィールドAFさんで遊んできました。
周りは自然にあふれ、かつゲームに集中できました。市街地での緊迫した戦いができ雰囲気が良く出ている
良い場所だと思いました。サバゲープレイヤーには天国かもしれません。

サバゲーフィールドAFさんは、佐久インターから約30分くらい走ると到着します。
周りは自然に溢れてゲームにもってこいの場所でした。佐久市にもフィールドがあるとは驚きでした。

手続きを済ませ早速ゲームしました。
この時は初夏で気温が29度もありとにかく暑かったです。が、我慢してゲームに集中しました。

市街地のCQBをイメージしたフィールドでした。べニアのシンプルな板に囲まれたキルハウスに入り、隠れ、慎重に。
ターゲットを発見したら即座に撃つ。

駆け引きや息を殺し隠れながらのゲームの緊張感が新鮮で刺激的でした。
県外でのゲームは気分も高揚感も段違いです。

周りの自然と広大なスペースの中でのゲームは開放感もありました。

ゲームもキルハウスを利用しながらただ、闇雲に攻めては簡単に負けてしまいますので、改めて機動力を活かしながら戦略的に将棋の駒の一手を慎重に打つが如く攻撃や防御をしていくのでいい、頭の体操になりました。

結構接近戦が多い展開がありました。白熱したゲームができました。

フィールドを一望できる狙撃ポイントがあり、そこからスナイパーさんに撃たれて、ヒットされたときはわからなかったし悔しかったです。
常連さんやベテランの方が多いかと思いきや初心者の方々も多く、何か安心して参加できました。

長野の山々の景色もグッドで、自然と空気が綺麗でよくマイナスイオンが発生していて身体にもいい影響があるかもしれないと思いました。
地元のフィールドとはまた違い、キレキレで軽快な動きがいつも以上に出来た気がします。

参加する方々のマナーも非常に良く、スタッフの方々も気さくで感じが良かったです。また来てみたいと思いました。

ココでは夜戦もできるみたいです。自然あふれる本格的なサバイバルゲームを楽しめるサバゲーフィールドAFさん。
なかなかのフィールドでおススメです。興味のある方は一度足を運んでみても損はしませんよ。


Writing by 悠生
相棒はP90とUSPです。

記事内の画像は、「サバゲーフィールドAF」公式HPより引用しました。
問題がある場合は、問い合わせより連絡お願いします。

■ スポンサードリンク