映画化!「アルキメデスの大戦」

「アルキメデスの大戦」は、「ドラゴン桜」で一世を風靡した三田紀房による、講談社ヤングマガジン誌に連載中の漫画です。
この作品が2019年夏に実写映画化されましたので、概要をご紹介したいと思います。

「アルキメデスの大戦」は1930年代の日本を舞台にした、若き天才数学者が<戦艦大和建造計画>を阻止するために、その類まれな頭脳を駆使して海軍の大艦巨砲主義に対して挑んでいくという・・・一風変わった戦争物の作品です。

(C) 2019「アルキメデスの大戦」制作委員会 (C) 三田書房/講談社

この時代、既にアメリカとの開戦が避けられないと考えた大日本帝国海軍司令部は、大艦巨砲主義に基づき世界最大の戦艦「大和」を建造することで、日本の武威を世界に示そうと画策していました。但し、海軍の中にあってその計画に反対を唱える山本五十六少将は「大和」建造を阻止するべく、東京帝国大学において100年に1人の逸材=アルキメデスの再来とも称された主人公の天才数学者・櫂直(かいただし)を海軍に招聘します。

櫂は科学を重んじる数学者ならではの視点から、大艦巨砲主義によって巨額の国費を投じようとする「大和」計画の費用に対し、矛盾点を追求し海軍の推進派の目論みを暴こうと奮闘していきます。軍人の目線ではなく、「大和」建造を政策的にも誤りと確信しているものの、軍部には味方の少ない主人公たちが、その頭脳を駆使して強大な勢力に挑んでいく軍事エンタテイメントの物語です。

(C) 2019「アルキメデスの大戦」制作委員会 (C) 三田書房/講談社

今回主演を務めるのは菅田将暉で、海軍のみならず日本の運命を左右する天才数学者・櫂直を演じます。またVFXを駆使した「零戦」のリアルな戦闘を描いた『永遠の0』でもお馴染みの山崎貴が監督を務めます。

連載中の原作漫画では、「大和」のみならず、海軍の主力戦闘機「零戦」の選定などにも、その高い会計算能力・頭脳を駆使していきます。但し、史実では戦艦「大和」は完成して就役する訳なので、そのあたりの顛末がどう描かれるのかが見どころとして楽しみな部分です。


Writing by M459

(C) 2019「アルキメデスの大戦」制作委員会 (C) 三田書房/講談社

最新情報をチェックしよう!