バリ島で本当にあった摩訶不思議体験

世の中には、説明ができない不思議な事が本当に起こるんです。その摩訶不思議体験を紹介してみましょう。

信じなかった宗教

日本人は無宗教と言われており、何を信仰しようが個人の自由となっていますが、世界にはその国やエリアの宗教に従わなくてはならないところも多くありますよね。
インドネシアバリ島のヒンズー教もそのひとつで、毎日神様はもちろん、火や水、土地といった生活圏内のものへのお供えとお祈りは欠かせません。

バリ島にもマンクゥと呼ばれる陰陽師のような人がいて、現地の人はありとあらゆるシーンで頼っていて、まゆつばっぽい・・・と信用しなかったのですが、不思議な体験をして以来信じるようになりました。

マンクゥのところに連れて行かれた

ある時、現地の人から私の様子がおかしいと言われ、そのマンクゥのところに連れて行かれたんです。
お清めのためのシャワーを浴び、そこの神様にお祈りをするとマンクゥの前に座らせられました。

何が始まったのかと思えば、お経のようなものを唱え始め、頭や体に聖水をかけられ、「あなたは、頭が痛かったり眠れなかったりしてますね」と。ありきたりといったらありきたりですが、確かにおっしゃる通り。

では、その症状を取り払いましょうということになり、頭を少しマンクゥの方に出し、頭の上でお香を焚かれまた読経が始まりました。
そのうちマンクゥが同行してくれた現地の人に、ティッシュを買って来いというではないですか。バッグにあるといったら、そんなんじゃ足りないと。

頭から流れる汚血にビックリ!

一体何がこの後起こるのか?とドキドキしていたら、下を向かされ床にティッシュを敷き始めました。
その後に、お香の火のついてない方で頭をツンツンとたたきだしたと思ったら、ボタボタと血が床に落ちだし、しかもそこそこの流血状態。
慌ててマンクゥの奥さんがおでこを拭いてくれ、ほらって見せてくれました。

たたかれたところに聖水をかけられ、お香の煙を吹きかけ、これで終了。
驚くことに、たたかれたところに、傷があるわけでも痛みもなく、一体何が起きたのか全く解りませんでした。

マンクゥ曰く

マンクゥ曰く、これで溜まっていた汚血を出したから、今夜からぐっすりと眠れるよと言われました。

それから、以前に誰かに頭を触られたことがなかったかと聞かれました。
そういえば旦那の父親がやはりバリアンと呼ばれる陰陽師のような人で、肩が凝って頭が痛いと言ったら、頭のてっぺんを指で押されたことがあったんです。

それを伝えたら、バリアンだからあなたに何か黒魔術的なことをかけたんでしょう、息子への嫉妬でと言われ、ビックリしました。
この流血のおかげで、それ以来頭痛や不眠症も解消されたというわけです。

本当にこういう、黒魔術やそれを解く白魔術が存在するんだなぁということを実感しました。

※画像はイメージです。

最新情報をチェックしよう!