二人の友情が奇跡を生む!「超人バロム・1」のトラウマ

さて今回は特撮ヒーローを紹介したいと思うのですが、少しマニアックなヒーローを紹介したいと思います。
今回紹介するヒーローは、1972年に東映、よみうりテレビ制作の特撮テレビドラマ作品として全35話が放送され、ヒーローのデザインには「ゴルゴ13」でお馴染みのさいとう・たかを先生が手掛けた。
当時のお茶の間の子ども達を沸かしたヒーロー「バロム1」です。

目次

あらすじ

まずはあらすじ。平和と正義の力「コプー」、悪と呪いの力「ドルゲ」。この2つの勢力が数千年に渡って宇宙で戦い続けていました。
戦いの末に「ドルゲ」は地球に降り立ち、地中にドルゲ洞を構築して潜伏し地球を悪の世界に変えていく計画を発動させます。
そして「ドルゲ」を追って「コプー」も地球に到達するのですが、既に彼の寿命はあとわずか・・・・。

■平和なる者コプー
(C) 超人バロム・1 さいとうプロ/東映

そんな矢先、江南第一小学校5年生の天才少年の鳥健太郎と、彼とは正反対の力自慢で熱血漢。同級生に慕われるガキ大将で運動神経抜群の木戸猛は「ドルゲ」のはなった悪のエージェントの襲撃で逃げまとい、健太郎が地割れに飲み込まれそうになります。
元々そりがあわず喧嘩ばかりの二人でしたが、猛は健太郎を必死に助けようとします。

(C) 超人バロム・1 さいとうプロ/東映

二人の正義と友情に感動した平和なる者「コプー」は力を与え、正義のヒーロー「バロム1」に変身!

バロム・1とは?

健太郎と猛の持つ互いの友情エネルギー(バロムエネルギー)が、二人は互いの右腕をクロスさせ「バロムクロス」の掛け声によって、二人が持つバロムDNAを加速させてバロム・1へと合体変身します。
バロム・1は身長2メートルで特殊な細胞を持ち、7千度の高温や零下210度の低温、100気圧にも耐え、10万ボルトの電撃などのあらゆる攻撃と、致死性の高い劇薬にも耐える能力を持つ超人なのです。

(C) 超人バロム・1 さいとうプロ/東映

ミスタードルゲとは?

バロム1の敵となる悪の化身「ドルゲ」は、善良な人間をドルゲ細胞によって悪の怪人として変異させ、悪のエージェント「ドルゲ魔人」を作り出し世界征服を企みます。
ちなみに、悪のエージェントの選出は、無作為に電話帳で行うという昭和ならでは方法で、明日は我が身?と当時の子供達を怖がらせたのでした。

■悪の化身「ドルゲ」ゲ
(C) 超人バロム・1 さいとうプロ/東映

子ども心に憧れていた

健太郎と猛は超人バロム1として、大切な人を守る為に戦うと、筆者は子ども心に二人に憧れていました。
この特撮作品は、それまでにあったヒーローとは違い、成人男性ではなく、小学生を主役にしており、既視感を持たせる試みをとっており、子どもの身近なヒーローとしていつも楽しく見ていました。

■変身後の健太郎と猛は目の中で会話をする。
(C) 超人バロム・1 さいとうプロ/東映

また必殺技もバリエーションが豊富で、様々な必殺技を駆使しドルゲ魔人を倒していく姿は、他のヒーローに引けを取らないカッコ良さがありました。

■必殺ワザ? バロムスイング
(C) 超人バロム・1 さいとうプロ/東映

ただマニアックなヒーローとして見られていたせいか、知名度が低いと悲しいものがあり、バロムクロスごっこが出来ないと、苦い思い出があります。

■バロムクロス
(C) 超人バロム・1 さいとうプロ/東映

でも筆者にとっては忘れがたいヒーローのバロム1。
彼の活躍がまたリメイクされればと思います。

イバ・ヨシアキ
マニアックなヒーローが好きだったせいか、子どもの頃にヒーローの話題が出てもズレた話をしてしまい、色々と苦労をしていました。
特に「怪傑ズバット」など本当にいるのかと訊ねられた時はショックを受けたモノです。
マイノリティーなライターですが、宜しくお願い致します。

(C) 超人バロム・1 さいとうプロ/東映

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる