東京福生市のBLKFOXでインドアサバゲしてきました

先日、サバゲ仲間と共に秋葉原に買い出しに行きました。
地元が遠方なので一泊のちょっとした旅行気分、いい旅夢気分。

東京に学生友人がいるので一旦仲間と離れて別行動、久しぶりにあった友達と飲んでいると、AさんからのLINEが・・・「明日は、あるインドアフィールドでゲームすっから早く寝ろ。それと東京駅集合な!」と一方的な連絡でした。

翌朝、東京駅へ行くと既に皆集まっていました。
電車に乗りだいぶ経ちます、23区を離れだいぶ遠いかなと少し不安になってきた。
そして到着したのは福生??という駅。

すると突然「今日はここでみんなで遊ぶぞ!」とAさんが笑顔を見せ、たどり着いたのはBLKFOX。
結構駅から近くのインドアのフィールドでした。

受付を済ませ、銃や装備は今回レンタルで借りて準備してゲームスタート。

フィールドは意外に広くてびっくり。
バリケードが木でできていて木目が鮮やかで新鮮さがあります。
端のコンクリートの無機質な壁が「ああ、ここはインドアのフィールドなんだな」と改めて実感させてくれました。

しかし限られた狭い空間で相手がいつ攻撃してくるかのシチュエーションは緊張します。
隠れて覗こうとすると速攻で射撃が。
急いで走りこみ、別のバリケードに逃げ込み応戦、様子を見て攻撃したり隠れたりを繰り返しました。

程よい緊迫感がドキドキと興奮で始終楽しくゲームできました。
コンクリートの壁のBLKFOXさんの黒いフラッグが飾ってあり、カッコよくて欲しいとゲーム中何度も思うのでした。

ゲームが終わり休憩していたのですが、Bさんが準備している他の人達に声を掛け、一緒にゲームすることになりました。
その中の1人が抜群に上手く、的確な射撃と機敏な動きで攻撃と回避。只者じゃないなと思っていたらいつの間にか背後に回られヒットされました。

結果ほぼ全員がその人にヒットを取られて敗北。
休憩の時に聞いたらフィールドの常連だと聞き納得、私もまだまだですね。

BLKFOXさんですが、清潔感がありかつ楽しく臨場感もあるゲームができる良いサバイバルゲームフィールドです。
初心者の方もベテランの方も楽しめるフィールドです。
インドアなので天気を気にしないでストレスフリーで遊べるのがポイントです。

また機会がありましたら遊びに行きたいと思います。


Writing by 悠生
40代のサバゲーマーです。
P90とグロッグ18Cで駆け抜けます。

記事内の画像はライター様の都合により、公式webサイト等より引用したイメージ写真となります。
画像の使用に関して問題がある場合や画像を提供して頂ける場合は「問い合わせ」より連絡をお願いします。

最新情報をチェックしよう!