池袋シューティングバーBlowさんへ行ってきました。新感覚!!

ショップ・シューティングバーレポート

何年か前の登山で知り合って意気投合し、時々会って遊んでいる仲間と東京で飲み会しました。

飲んでいて一人がサバイバルゲームを初めたと聞きました。嬉しかったです。その人が池袋にシューティングバーあるので行かないかと誘われました。

誰も断る人はだれもおらず、みんなでお店を出て電車に乗って池袋へ。

池袋は殆ど私は来たことがなく、付いて行きました。北口から歩いて3分くらいしたらお店が見えました。

そこはシューティングバーBlowさん。入店するとサイバー的な青い光で近未来的な雰囲気の感じの店内でした。

ちょっと混んでいましたが、何とか入れて取り合えず飲み物を注文。乾杯!

音がして歓声が聞こえた方を見ると長いシューティングブースがありました。
シューティングレンジのターゲットがディスプレイで、的となる物が写りそれを撃つスタイルでした。

銃の数も豊富でハンドガンからライフルまで様々なラインナップで、驚いたのがアニメやゲーム、マンガのキャラが使っている銃も置いてありました。
店内ではコスプレ可でフィッティングルームもあり、なりきってシューティングを楽しめます。

シューティングは液晶モニターに映し出される、ターゲットやキャラクターをエアガンで射撃して、タイムを競ったり、得点を競ったりします。

特徴なのはターゲットは、ドラゴンや猫や狼の動物。ダーツのようなものなど種類豊富でした。

その中で一番面白かったのはドラゴン。迫ってくるのを正確に撃っているつもりでも当たらない、動くしなかなか難しい。

あっと言う間に終了しました。動く標的はなかなか狙いが定まらない。遊んでいる人達も悔しさや溜息をついていました。

とにかく新しい体験で面白かったです。シューティングの隣にはリアルなダーツ台もあり、銃じゃなくても楽しんでいる人が多かったです。

飲み物も種類豊富で、あまり食べませんでした。食べ物が少し少なかった気がしました。お腹いっぱいでしたのでそんなに食べる気はしませんでした。

興奮しいい汗かいて店を出て解散しました。

Blowさんに来れて幸せでした。
いいお酒と今までと違うシューティングが楽しめて大満足です。池袋に行く機会や時間があれば再びいつの日か訪れたいと考えてます。


Writing by 悠生
40代のサバイバルゲームを楽しむ者です。
P90とグロッグで戦います。

記事内の画像はライター様の都合により、公式webサイト等より引用したイメージ写真となります。
画像の使用に関して問題がある場合や画像を提供して頂ける場合は「問い合わせ」より連絡をお願いします。