蒼き死神。ニュータイプを巡るもう一つの物語「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」

今回紹介するのは、機動戦士ガンダムのセガサターンゲームとして1996年~1997年に第三部作としてリリースされ、後にコミカライズなど根強い人気のある「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」を紹介したいと思います。

この作品は、3Dシューティングゲームとして開発されたセガサターン専用ソフト。
コクピット視点によるFPS的な要素を盛り込んだ、臨場感のある、まるでパイロットの様な気分に浸れ、バーチャロンでお馴染みのセガサターンツインスティックにも対応している、実にガンダムファンにとって嬉しい作品でもあります。

ゲーム内容は各ミッションがステージに設けられ、物語は各巻につき5つ程が容易され、ミッションクリアをするとステージで倒した敵の数や自身の機体の被弾率などから、AからEの5段階でランクがつけられるシステムとなっています。

これはユウ・カジマの階級に作用されて、高得点を収めれば一段階昇進し、そのデータを引き継きながら、この物語のエンディングが変化し、ユウの戦後が決まってしまうマルチエンディング方式をとっていました。

第1作目のタイトルは「戦慄のブルー」、一年戦争の開始直後の地球連邦軍第11独立機械化混成部隊こと通称モルモット隊に所属するユウ・カジマは、ある作戦中に蒼い塗装が成されたジムと交戦します。

圧倒的な力を持つジムを前に、彼の力に惹かれて言うユウ。
それがニュータイプの少女マリオン・ウェルチとの出逢いであり、また圧倒的な力を与える「EXAMシステム」と、それを詰む脅威のモビルスーツとなる「RX-79BD-1 ブルーディスティニー1号機」との出逢いでもあったのです。

そして第2作目となる「蒼を受け継ぐ者」は、ニュータイプであるマリオンと「EXAMシステム」に固執し、執念を燃やすジオンの軍人・ニムバス・シュターゼン大尉率いる、蒼い塗装と赤い両肩を纏うMS-08TX[EXAM] イフリート改がユウ達を襲い、激戦の中でユウは「RX-79BD-1 ブルーディスティニー1号機」に搭乗し、ニムバスと死闘を繰り広げていく事となります。

そしで第三部となる「裁かれし者」では、宇宙へと脱出しブルーディスティニー2号機を強奪したニムバスを追いかけ、ブルーディスティニー3号機を得て、ユウ達は「EXAMシステム」が開発された経緯を知っていき、マリオンを解放する為にシステムの開発者であったクルスト博士の研究コロニーへと向かう事となり、そこで因縁の相手であるニムバスと最後の死闘を繰り広げる事となります。

まるでOVA作品を見ているかの様な重厚な物語に、筆者はユウ達の死闘を見守っていました・・・。
後にあの「逆襲のシャア」のアクシズ落下時にユウが加勢し、アクシズを押し上げたと、あのギラドーガを助けようとしていたジェガンがユウだったのかと思うと、実に込み上げるモノがありました。

歴史の中で語られる事の無い、暗部でもある「EXAMシステム」を巡るユウ達の物語は一人の少女が抱く、平和への願いが込められ、それにどう向き合うのかとそれぞれの男達のぶつかり合いが熱い作品でもあります。
後に多くのガンダムゲーム作品に登場し、ノベライズ化とコミカライズ化も、当時では表現しきれなかった内容で纏められ、あの頃の感覚を思い起こしてくれると筆者にとっては忘れられない名作の一つです。

(C) 機動戦士ガンダム外伝 the blue destiny 創通・サンライズ(C)BANDAI 1996

イバ・ヨシアキと申します。
「機動戦士ガンダム」は人生のバイブルでもありますがガンダムのプラモデルを作った時、コアファイターを失くしてしまい、がらんどうのガンダムを見てしばらくショックを受けたモノです。
再度買い直したのですが、コアファイターが見つかり、お小遣いを無駄使いしたと嘆くのですが二機のガンダムを保有していると、子ども心に嬉しさを感じていた、そんなポジティブ思考なライターですが、一つ宜しくお願いいします。
まさか後にガンダムが大戦を引き起こせるほどに増えてしまうとは夢にも思いませんでした。
最新情報をチェックしよう!