犯罪超人を捕まえろ!宇宙最強の4人が挑む正義のチーム「キャプテンコマンドー」

今回紹介する思い出のアーケードゲームは、1991年にアーケードゲームとして発表されたベルトスクロールアクションゲーム。
ファイナルファイト並みに人気を誇った名作ゲーム「キャプテンコマンドー」を紹介したいと思います。

あらすじ

舞台となるのは西暦2026年。
人類が宇宙へと進出し、繁栄の絶頂を迎えていた時代。
科学力の進化によって特殊能力を持つ犯罪超人による凶悪犯罪が溢れ、また超人犯罪者による組織化などが起こり、もはや警察では収集できない事態へと追い込まれていました。

しかし。

正義の味方・キャプテンコマンドーをリーダーに活躍するコマンドーチームが、犯罪者達に猛然と挑み、彼等の悪行を喰い止めていたのです──と、正義に味方を操作し、アメコミのノリで犯罪超人達を薙ぎ倒していくと、実に爽快感のあるベルトスクロールアクションゲームとなっています。

ゲームについて

主人公の「キャプテンコマンドー」、天才幼児であるベイビーコマンドー「フーバー」、武神流拳法の使い手であるニンジャコマンドー「翔」、異星人の墓守であるマミーコマンドー「ジェネティー」を操作しながら、悪の犯罪超人に挑みます。
今作の注目となる部分は、ファイナルファイトとは違い、武器アイテムのバリエーションが豊富になった事が挙げられます。ロケット弾に銃にライフルと飛び道具などのアイテムが使え、パワードアーマーなどの兵器に搭乗でき、ゲームの面白さがコミカルに増えた事にも注目できる内容となっています。

また今作の見どころとなるのは、やはりグロテスクな演出の部分でもあり、ニンジャコマンドー 翔で敵を倒せば、相手を切り裂く事が出来き、またマミーコマンドー ジェネティーでは相手を溶かしてしまうと、バトルの演出も過激となり、より面白さが倍増された内容に当時はハマっていたものです。

正義に味方・キャプテンコマンド―を操作し、犯罪者を倒すノリ。
アメコミをプレイしている様な感覚を楽しめた名作でもあります。

イバ・ヨシアキと申します。
昔、ゲームセンターで格安のゲームセンターを探す事が何よりの楽しみであり、古本屋を探す次に夢中になりながら、近所のゲームセンターを巡っていました。
そんなライターですが、宜しくお願い致します。

(C) 1991 キャプテンコマンドー CAPCOM

最新情報をチェックしよう!