ガンダム世代アラサー女子が語るガンプラの魅力

私がここ数年で一番夢中になっている、「機動戦士ガンダムSEED」に登場するモビルスーツのガンプラの作成について語ります。

ガンプラの魅力

私は女性ですが、ガンダムのキャラクターだけでなく、モビルスーツのプラモデルにまで夢中になっている割と珍しいケースだと思います。

ちなみに私は、ガンプラの中でもザクが大好きでHG 1/144 ZGMF-1000ザクウォーリアが一番好きです。なんと言ってもザクのヘッドの丸いフォルムと安定したバランスの胴体、ドイツ軍を連想されるのがとても好きです。

1/100スケールのザクですとスラッシュザクファントムや1/100 ZGMF-1001/M ブレイズザクファントム、そしてハイネザクやルナマリアザクも好きで、1/144スケールに限るならイザーク・ジュール専用機であるグフイグナイテッドもとても好き。勿論自宅に完成品が飾ってあります。

(C) ガンダムSeed バンダイ 創通・サンライズ

最近熱かったのは、エクシードザクヘッドのガチャポンの発売です。色は三種類あったのですが、量産型ザクだけでなくブルーのヘッドの商品があったのも魅力的でこれも自宅にコレクションしてあります。

これだけ好きだと当然ガンプラに塗装もしていると思われそうですが、そんな事はなく、実はなかなか塗装に手を出せていないのです。
何故なら、初心者であるため塗装にムラが出そうで怖いのと、部屋を汚してしまいそうな気がするのでなかなか手が出ないのです。ただショップを見ていると塗料はとても安く手軽さはあるので、いつか塗装にもチャレンジしてみたいと思っています。

ザク以外のガンプラといえば

私がザクのガンプラをとても好きである事はおわかり頂けたかと思いますが、例外としてGAT-X252フォビドゥンガンダムもとても好きで、自宅には1/144スケールのプラモがあります。

何故このGAT-X252フォビドゥンガンダムを持っているかというと、SEEDでのパイロットであるシャニ・アンドラスという男性キャラクターのファンであるからです。

フォビドゥンガンダムは背部に装備されたカブトガニのような武器と死神の鎌を彷彿とさせるニーズヘグがとても魅力的です。
実際に敵のMSをニーズヘグで倒すところもとてもかっこいいです。

一般的に人気があるガンプラといえば

一般的なガンダムのMSですとアスラン・ザラの搭乗機であるジャスティスガンダムにも興味があります。

ザクのヘッドではないものの、真紅色の機体がとても魅力的で、ガンダムファンにもとても人気があるため、秋葉原に行くとかなり大きなスケールのジャスティスガンダムのプラモを見かける事が出来ます。

そしてストライクフリーダムのような白いメジャーなMSよりは、少し変わった雰囲気のMSの方が好きです。ただ、ジャスティスガンダムの最近の新製品はスケールが大きい事と人気である事が相まって定価が5,000円以上するのでなかなか手が出せません。
一般的な1/100スケールのガンプラですと大体定価が2,000円前後ですので高価です。

(C) ガンダムSeed バンダイ 創通・サンライズ

ガンプラにも色々種類がある上、知れば知るほど魅力的なアニメグッズで、やはりモビルスーツがビームサーベルを使って戦っている姿もかっこいいですし、ノーマルなガンダムもTHE・王道といった感じで魅力があります。

最後に

ガンダムの魅力は少しわかって頂けたでしょうか?
ガンダムは世代を超えて愛されているロボットアニメなので、女性でも夢中になる方は多いです。

見た事がない方は是非一度、ファーストから通して見て下さい。


U・H

30台女性、ガンダムSEEDやガンダムのプラモ作りにとても夢中になっています。

最新情報をチェックしよう!