シャアとアムロはしんでいなかった?!「逆襲のシャア」

宇宙世紀0093年 シャア・アズナブル率いるネオ・ジオンは地球連邦政府に反抗ののろしを上げ、対する地球連邦政府は、歴戦の艦長であるブライト・ノア、歴戦のエースパイロットであるアムロ・レイを擁するロンド・ベルを結成。
因縁の対決であるシャアとアムロに決着の時が遂に訪れます。
ニュータイプとしての二人の思いは理解しあえるのか?地球の存亡は?

逆襲のシャアとは

(C) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 創通・サンライズ

1988年3月12日(土)に松竹系で劇場公開された、ガンダムシリーズ初のオリジナル劇場版です。
これまで「機動戦士ガンダム」「機動戦士Zガンダム」と、シャア・アズナブル、アムロ・レイは時には敵として、時には仲間として幾多の戦闘を生き抜いてきました。

そしてその二人の関係性の間には、つねに「ララァ・スン」の存在があり、この劇場版をもってついに二人の因縁に決着の時が訪れます。
主題歌はTM NETWORKの「BEYOND THE TIME」が使用されましたが、ガンダムの世界観に大変マッチしており名曲だといえます。

モビルスーツについて

(C) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 創通・サンライズ

ガンダムと言えばモビルスーツですが、この時代はとくにニュータイプ用兵器がクローズアップされています。とくに劇中目を引くものが「ファンネル」であり、駆使する多くのモビルスーツがいくつも登場します。

νガンダム、サザビー、ヤクト・ドーガ、α・アジールと劇中最強と思えるほどのモビルスーツがともに激闘を繰り広げますが、そんな中別の意味で目を引くモビルスーツが登場します。

それは「ホビーハイザック」といって、元のハイザックを民間用に払い下げて個人の趣味用として改修されたものですが、とにかく元のハイザックと比較しても派手なカラーリングで登場するや否や目立ちます。ちなみにあくまで民間用ですので、戦闘シーンは一切ないのが残念です。

(C) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 創通・サンライズ

この作品のみどころ

(C) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 創通・サンライズ

最大の見どころはシャアとアムロのモビルスーツバトルです。

地球に落下するアクシズ、まさに激闘で兵器が次々と消耗していき、最後は武器弾薬が尽きた状態でモビルスーツ同士が互いに殴りあうといういわば肉弾戦へと移ります。
その姿は後年の「Gガンダム」の原型ではないかとすら錯覚させるものがあります。

シャアとアムロの生死について

(C) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 創通・サンライズ

ネタばれになりますが地球に落下するアクシズを食い止めることには成功したものの、シャアとアムロの生死については一切謎となります。

作中で燃え尽きていくアクシズから、一瞬ですが1機のモビルスーツが離脱していくようなシーンが描かれています。
しかしこの作品の後の年代である、閃光のハサウェイでは、アムロ捜索を断念について書かれていますし、監督であり原作者である富野由悠季はとある番組で「たぶん死んだんでしょう」とあっさりとしたコメントをしておりますので、今でも謎とされて、その後のテレビシリーズなどには二人は一切登場しません。

それはともかく、結局最後まで二人はお互いに分かり合えなかったのでしょうか?

(C) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 創通・サンライズ


TBSIR
TBSIRと申します。
大学時代にガンダムにはまり、いまだに大好きです。
特に宇宙世紀関連はありとあらゆるものを視聴しています。

(C) 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 創通・サンライズ

最新情報をチェックしよう!