MENU

SNK「サイバーリップ」を語る

今回紹介する懐かしのゲームは、SNKから1990年に稼働されたアクションシューティング「サイバーリップ」です。

目次

ゲームのあらすじ

このゲームの舞台となるのは2016年の世界で、人類は宇宙へと進出し、地球で問題になった人類増加に対処すべくに、宇宙移民プロジェクトを推進していました。順調に進んでいたのですが、人類の宇宙進出を阻止しようとするエイリアンによって防衛コンピューター「サイバーリップ」と制御下にあった戦闘用アンドロイドが奪われ地球は危機に。
エイリアンと暴走したサイバーリップを破壊する為に、戦闘用アンドロイドのリックとブルックは破壊任務の為に、敵地へ単独でのりこむと、SF映画さながらの雰囲気で物語は進んでいきます。

ゲームの思い出

この当時は餓狼伝説などの格闘ゲームに人気があったのですが、筆者はこのサイバーリップにハマり込み、お小遣いをつぎ込んでしまったものです。サイバーリップが入っているSNK筐体には、いつも餓狼伝説やりたさのプレイヤーが多く、私の順番が来たときにサイバーリップをプレイすると、並んでいた他のプレイヤーが嫌な視線を向けていたのは、今ではいい思い出です。

何故に筆者はこのゲームが好きだったのかというと、敵のサイボーグ兵士を倒すとメカの部分が露出し、そのまま爆発する演出などに惹かれるモノを感じ。主人公がミッションスタート時に銃をコッキングする動きなど、細かい演出に惹かれたものです。そして時折に出てくる敵のメカや自軍のメカなども、作り込みされた造形が美しく、このSF世界の出てくるメカにも魅了されたモノでした。

他にもミッション開始時に大統領と無線で連絡をする際の雰囲気なども好きで、今から迎え撃つであろう敵との戦闘の緊張感と、小憎らしい演出が非常に魅力的だったとも言えます。そしてステージボスのエイリアンとの戦闘、映画「エイリアン」のオマージュなど、SF映画作品が好きな筆者のツボを押さえた内容は、今も色褪せない魅力を残してくれます。

ただ本作の最後が、SF映画のオマージュなのか大統領が既に何者かと入れ替わっていたり、続編の匂いを漂わせてくれたのですが、続編は作られず一作で終わってしまった本作は、忘れられない名作となっています。

サイバーリップ (C) SNK CORPRATION 1990

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次