北海道の心霊スポット「中国人墓地」とは?

北海道のほぼ中心にある旭川市、「旭山動物園」「旭川ラーメン」などで知られる有名な観光地です。
そんな旭川近辺には心霊マニアにはたまらない観光地?があります・・・それは「中国人墓地」です。

北海道の開拓の時に中国から強制的に連れて来られ、過酷な労働を強いられて命を落とした人たちが約88人眠っているそうです。
その中国人に対して“中国人強制連行殉難烈士慰霊碑”が作られ、毎年“中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭”も行われ鎮魂させています。

心霊事案

それが原因なのか?数々の心霊事案があります。
おおまかにですが、いくつか紹介しますと・・・

・墓石の裏の文字を読むと死んでしまう墓石がある
・車で向かう際に乗車店員で行かなければ空席に例が乗り込む
・車に手に跡がたくさんつく(車内にも)
・お墓に泣きついている少女の霊がいる
・幽霊に追いかけられる
・中国人墓地に出入りする時にお地蔵さんの前を通ってはいけない

と他の心霊スポットでもあるような心霊現象なのですが、最後の「お地蔵さんの前を通ってはいけない」という事にとても深い意味があります。
それは、この7つある「お地蔵さん」は中国人墓地とは何も関係ないからです。だからこそ心霊マニアにはたまらない場所なのです。

7つのお地蔵さん

この7つのお地蔵さんは、大正10年頃にこの近辺に住んでいた一家が、何者かによって一家惨殺される事件が起こりました。
捜査の甲斐もむなしく犯人は捕まらず未解決事件になってしまい、その慰霊のために惨殺された一家と同じ数のお地蔵さん、7体を奉る事にしたそうです。

なので、中国人墓地の心霊現象の中で最後のひとつだけ、中国人とは関係のない話になります。
なぜお地蔵さんの前を通ってはいけないのか、それは未だに無念の中死んでいった一家の怨念が犯人を捜していて、前を通った人を確認するから霊障が起きるのではないでしょうか?

絶対に行ってはいけない日

中国人墓地に観光をする時、絶対に行ってはいけない日があります。
それは、“中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭”の日だけはやめた方がいいと思います。

その日だけは仰々しい感じで、関係者以外の人物に対して敵意むき出しで睨むつけてくるからです。
幽霊よりも怖い思いをする可能性が高いので、絶対に“中国人強制連行事件殉難烈士慰霊祭”の日にはいかないでください。

いくつかの疑問点

ちなみに、強制労働で連れてこられたという中国人はですが・・・・
なんでもない民間人を連れて来たと思っている人が多いのですが、連行されてきたのは「共産党軍の捕虜」「帰順兵」「武装盗賊団の一員」「囚人」などで、何かしらの罪人なのです。
そもそも、そんな人たちが眠るお墓に行っていい事はあるのでしょうか?

それによくよく調べると、強制労度でつれて来られたという年代では、わざわざ中国から強制連行して働かせるメリットは無い様におもいます。
この話自体にどれほど信ぴょう性がるのかが疑問であり、幽霊が化けで出るとしても、そもそもお門違いではないでしょうか?

何度も念を押しますが、見学は自己責任でお願いします。

※画像はイメージです。

最新情報をチェックしよう!