愛知県名古屋市のダンディダンディ丸の内、渋くてカッコよく面白いお店!

ショップ・シューティングバーレポート

先日、私は名古屋に出張に行った際にサバゲ仲間のAさんに誘われて、名古屋のサバイバルゲームフィールド「CRA」でゲームをした後、Aさんのサバゲ仲間の方々とアフターで飲み会をする事になりました。

丸の内駅を降りてしばらく歩きました。密集した名古屋の街、何があるのか何処にいるのかわからなく、迷子になりそうでしたが何とか付いていき、「ここだよ。いいお店だぞここ。」指を刺されたのはダンディダンディ丸の内というお店でした。

雰囲気や外観がから、変な勘繰りですが・・・大丈夫か?場違いか俺は?と一瞬躊躇してしまう程、渋くてオシャンティ過ぎる店ですが、似たような印象のお客さんもいてなんとなく安堵しするのでした。
とにかく渋い雰囲気、お店の名の如くダンディで紳士で渋さを感じ気に入ってしまいました。

image credit:http://dandydandy.net

しばらくすると、共にゲームをした方々も到着し賑やかになっていきます。
お酒の注文でビールを頼もうとしましたが、「ビールは後。まずはバカラグラスで飲むのが美味しいぞ。」と一緒にゲームしたNさんから言われました。

メニューにはマッカランの12年やボウモアもあり、手頃なお値段なのでマッカランを注文しました。バカラグラスに注がれるお酒が凄く高級で贅沢な気分。乾杯し飲んだら美味しかったです。

飲んで数十分後、話が弾みトークが盛り上がってきたところで、「こっちきなよ。撃てるから。」とDさんに、シューティングレンジに連れていかれました。

image credit:http://dandydandy.net

早速ベレッタをお借りしてターゲットを撃ちました。
サバゲーと違い落ち着いた感じで、シューティングが出来て楽しめ、飲みながらショットする人なんかもいて、カッコよかったです。

店内には葉巻があり、Bさんは煙草を喫われるので吸う姿が何処かの社長みたいだったのが印象的です。

image credit:http://dandydandy.net

話とお酒とシューティングができ、凄く楽しめてあっという間に時間が過ぎて解散になってしまいました。
お店から出たくない気分にさせてくれました。

ダンディダンディ丸の内さん。良かったです。
名古屋に行ったら是非行ってみてください。


Writing by 悠生
最近お疲れのサバゲープレイヤー。
相棒はP90です。

記事内の画像はライター様の都合により、公式webサイトより引用したイメージ写真となります。
画像の使用に関して問題がある場合は「問い合わせ」より連絡お願いします。
画像を提供して頂ける方がいれば連絡をお願いします。