MENU

中古車から出て来たアヒルの人形

  • URLをコピーしました!

僕が18歳の時に体験した話です。
当時、某漫画とその映画化の影響を受けて、スポーツカーで峠を攻めてドリフトしたりしたくて車を購入しました。
走行距離が多いのを理由に、人気のある車種を安く購入したのですが・・・。

目次

筋肉痛?

通勤手段は自転車で平日は乗りませんが、週末になると毎週のように友達と峠を走りにいっていたのですが、だんだん体が痛むようになってきました。最初は乗りなれない乗り物だしドリフトしたりするし、首・背中・右足首と痛くなる箇所は決まっているので筋肉痛だと思っていました。
一緒に峠に行っている友人になんとなく聞いてみると、「右足より、クラッチを繋いだりする左足の方が疲れない?」というのです。

グローブボックスの奥から

ある日、車内清掃をしていると助手席のグローブボックスが外れてしまい、奥から見た事のないアヒルの人形が出てきました。僕はアヒルを見ると何となく気持ちが悪いように感じて車の外に放り投げました。
その光景を見ていた友人が拾い上げ「このアヒル何?」と聞いてきたので、「知らん、俺のじゃないから捨てる」と言うと、「なんか可愛いから、俺もらうわ」といって友人は自分の車のダッシュボードに起いたのでした。

次々と起きる事故

翌週の週末、峠に向かっている途中の何てことのない直線道路で、例のアヒルを置いた友人の車は横転事故を起こし、命に別状はありませんでしたが車が廃車です。
そんな友人の事故車から使えるパーツがないか物色していると、居合わせた違う友人がアヒルをみつけて「このアヒル、俺もらうわ」と言い出します。僕たちは理由を説明して停めましたが、事故を起こした友人はなぜか「もらってくれてありがとう」というのです。

その後、案の定アヒルをもらった友人は事故を起こし車は廃車、かろうじて命は助かりました。

呪われたアヒル

アヒルを車に乗せた友人二人は事故を起こし、けがをした箇所は僕が筋肉痛になった箇所と同じで、ただの偶然にしては出来過ぎていると思います。
もしもあの時にアヒルを見つけなかったら、僕が犠牲者だったのでしょう。
あのアヒルは呪われているのでしょうか?

最後に、事故を起こした友人の車はパーツ取り用として引き取ってもらったようです。
あのアヒルはどこかで誰かの車に潜み、事故を引き起こしているかもしれません。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次