懐かしのゲーム「エレベーターアクション」の思い出

■ スポンサードリンク


さて、今回紹介する懐かしのゲームは、駄菓子屋で筆者がお世話になった作品「エレベーターアクション」について語りたいと思います。
この作品は、タイトーから1983年に発売されたアーケードゲームで、後にファミコン版にも移植されたアクションゲームです。

ストーリーは、あるビルに隠された機密書類を入手する為に侵入を試みたスパイが書類を持って脱出する事を目的とし、屋上から潜入したスパイはビルの各所にある赤いドアの部屋に侵入、その部屋に隠されている機密文書を入手、ビルの中に点在する赤いドアをすべて開け機密書類を盗み出し、最下階まで降りて車に乗って脱出すればクリアと、実にシンプルな内容になっています。

このゲームの主人公は、拳銃を撃ち、時に跳び蹴りを食らわし、立ち塞がる黒服のスパイを倒しながらビルの中を進んでいきます。またタイトルにある様に、エレベーターがこのゲームの基本となり、エレベーターで下りながら下を目指す内容になっており、敵などを見据えて各階に降り、時にやり過ごし、また書類を手に入れたりとアクション要素の強いゲームでもありました。

時にはエスカレーターを使い下に降り、エレベーターで敵を押し潰したりと、遊び要素もたくさんありましたが時間が掛かっていくと敵も強くなり、マシンガンを持ち出し射撃をしてくるなど手加減の無い難易度もあり、また一つでも機密書類を入手し忘れてしまうと、強制的に戻されてしまうという実に厳しい仕様でもありました。

また下層に降りればそれだけに難易度も上がり、エレベーターを乗り継ぎをしなければいけないと、タイミングと反射神経など微妙な操作技術が必要になると実にテクニックのいるゲームでもありました。

時に電灯を撃ち停電にさせる事が出来き、敵の攻撃が止まる真っ暗な中を進みながらビルを掛け抜けていく、そんなスパイの活躍に夢中になったものです。

後にシリーズ物もリリースされ、次第にストーリー性も盛り込まれていた「エレベーターアクション」
もし機会があれば、一度プレイしてみてはいかがですか?

[AC] エレベータアクション Elevator Action – youtube


Writing by イバ・ヨシアキ
タイトーのゲームにはお世話になったモノで、アクションゲームなどシューティングゲームに夢中になっていたものです。
50円プレイで2回楽しめるゲーム機を目当てに、よく駄菓子屋に通っていました。
今ではもうない駄菓子屋の思い出にしんみりとなるライターですが、よろしくお願い致します。

(C) 1983 エレベーターアクション TAITO CORP

■ スポンサードリンク