突如インターネットに出現した未来人

■ スポンサードリンク


2000年頃、インターネット上に突如として登場した未来人、ジョンタイター。
突然はるか未来からやってきたという男性が、アメリカの大手ネット掲示板に書き込んだという事件がありました。

ジョンタイターと名乗るこの男性は、未来にあった技術やタイムトラベルの理論、地震、未来の状況などについて、様々な掲示板やチャットでやり取りをして、予言めいたことを書き込んでいたという噂です。

今現在でも彼についての予言や、タイムマシンについてなど閲覧は可能なので、興味のある方は見るといいでしょう。

なかでも私が気になる発言は、タイターの居た世界での出来事で、2015年にはロシアが反乱部隊の援助の名目で中国やアメリカ、ヨーロッパ主要都市に対し核攻撃を行い、それに怒ったアメリカが反撃に出て、世界大戦が生じるというものです。

現在北朝鮮など核開発を行う国も出ているため、予言が遅れて的中するのではないかと感じています。

タイター氏の発言において宇宙人については一言、自分よりも未来からきた存在なのではないかという、発言もあって非常に興味深いです。

タイムトラベルを題材にした作品では「バックトゥザフューチャー」がありましたが、タイターの発言した、元居た未来に変えることは不可能ということを考えると、主人公マーティも元居た世界とは別世界の未来に戻ったことになって、元の世界ではマーティたちが不在のままになります。

タイムスリップには大きな犠牲が伴うということを表したかったのでしょう。そう考えるとバッドエンドのようにも感じます。


Writing by T

■ スポンサードリンク