こんな言動は嫌われる!サバゲ女子との交流マナー

サバゲを考える

最近増えてきた女性サバゲーマー。
フリー定例会などで初対面の女性と一緒になった時、メンズの皆様は、どのように接していますか?
ひょっとして、あなたの言動・・・マナー違反かも!?

筆者はサバゲー歴は約6年の社会人女子です。
現在は、気の合う友人たちを誘って小規模の女性チームで定例会に行っています。
女性のみのチームはまだまだ珍しいようで、話しかけられる機会が多いです。
そんななかで、かなり「イラッ!」とした、マナー違反な言動を紹介します。

NG例その1「初心者と決め付けて接する」

一番多いのがコレです。「女性=初心者」と思い込んでいるのか、嬉々として説明に来てくれる人は多いです。
なのですが、参加している女性の中には、そのフィールドの常連であったり、サバゲ歴10年越えの人もいます。

また、私自身は体力に自信がないので、重い装備が好きではありません。身軽なアタッカータイプなので、ゴテゴテの迷彩服ではなく、何度も参加した結果、自分でBESTと辿り着いた装備で参戦しています。
それがどうも初心者に見えるようで、「あれを装備したほうがいいよ」「こうゆうのがあると便利だよ」と勧められますが、(知ってるし、昔持ってたわぃ!)と内心ツッコミまくりです。

女性だからと言って初心者と決め付けず、「ここのフィールドはよく来られるんですか?」などの定番の雑談が無難です。

NG例その2「ヒットさせた後に過剰に心配する」

サバゲー経験者の女性はもちろん、初心者でもある程度事前に調べてくれば「BB弾が当たる=痛い」というのはわかっていますし、その上でゲームに参加しています。

よくゲーム終了後に「女の子なのに、撃っちゃってごめんね~。痛くなかった?」と過剰に謝りに来てくださる方がいますが、(見下されてる?)とモヤっとするケースも多いです。
勿論、至近距離で撃ってしまった場合など、性別問わずに謝るのがマナーですが、「女の子に~」と過剰に強調する必要はないです。

NG例その3「蘊蓄(うんちく)を語りだす」

これは、サバゲー問わずに・・・例えば合コンでも嫌われる男子の特徴です。

同じ趣味の女性を見つけて嬉しくなってしまう方がいるのもわかりますが、女性ゲーマーは男性の蘊蓄トークをニコニコ聞くために定例会に来ている訳ではありません。
熱く語り合いたい!という女性もいるかもしれませんが、相手の反応を見て程々にしておきましょう。

いかがでしたでしょうか?
春本番でサバゲーシーズンですが、男性ゲーマーの皆さまが定例会で女性ゲーマーに会ったとき「こんな記事があったな」と思い出していただけたら嬉しいです。


Writing by かなめ

元出版社勤務、現在フリーライター。
趣味は読書とサバゲー。

※登場人物はあくまでもイメージです。
※一部リクエストでポージングしてもらっています。