MENU

ワルキューレの騎行と共に侵略者に挑め!「フィールドコンバット」

さて今回紹介したいゲームは、元々は1985年にアーケードゲームとして発売され、後にファミコンソフトに移植された、ジャレコのアクションゲーム「フィールドコンバット」です。

目次

あらすじ

世界征服を目論む天才科学者フォゾムによって、世界は全面戦争へと突入。

フォゾム博士は人々を洗脳する機械「ニップ」を開発し、また現行の戦闘機では対処できない高速飛行円盤「ディオロフ」をも開発し、二つの超兵器を持って世界各国の要人または軍隊を洗脳し、支配域を拡大させていたのです。
追い詰められた地球軍は「ニップ」に対抗できる兵器「キャプチャービーム」を開発し、攻撃母艦「ジェネシス-3」を開発、対抗兵器ニップを搭載したジェネシス-3にてフォゾムに抵抗を試みる。

ゲームの内容

ゲーム内容は、フィールド型のシューティングゲーム。敵のユニットを自機のキャプチャービームで捕獲し、自軍の仲間にした後にフィールド上に呼び出して敵と戦わせます。フィールドの最上部にある4門の砲台を破壊し、敵陣営のゲートをくぐればクリア。シンプルな内容ですが、ユニットを確保しなければこちらの戦力は無く、ジェネシス-3のみで戦うにも、敵の猛攻によって撃墜されてしまう、駆け引きが重要なゲームであります。

こちらが出すユニットは、戦術などを考えて出さなければ簡単に撃破されてしまい、また敵側に自軍のユニットを攫われてしまう。取り合いの中で、ジェネシス-3を狙う敵弾、油断の出来ないシューティングでもあります。容易ではない即時即応な戦略と自機の操作と、プレイヤーの決断力と絶妙なコントローラー裁きなどが重要となる非常に難しいゲームでした。

最後に

親戚のお兄さんとよく遊んでいたのですが、筆者は一面もクリアできなかった記憶があり、非常に難しいゲームだったと記憶しております。
最近ではリメイクされた「フィールドコンバットDX」が登場し、再びプレイできるみたいですので、興味をもった方は是非一度遊んでみてください。

夏になると田舎で親戚のお兄さんの家で遊んだファミコンの事を想い出します。
お兄さんが持っていたファミコンソフト、ジャレコとケムコの様々なソフトがあって夢中になって遊んでいたものです。そのせいでジャレコ信者でケムコ信者だったライターですが、宜しくお願い致します。

(C) 1985 JARECO

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次