MENU

世界で発見される巨人の骨?

「所詮、巨人なんて空想の産物」と思っている人は居ませんか?ところが世界各地で巨人の骨の化石は発見されているのです。
なので今回は「巨人族」について紹介したいと思います。

目次

巨人族とは

巨人族は伝説の生物として語れ、旧約聖書やギリシャ神話、世界各地の様々な伝説や物語に登場します。
「サイクロプス」「タイタン」「ギガンテス」という名前は、映画やゲームのキャラクターとしてよく扱われるので聞いた事があると思います。

さて巨人族の始まりと言えば、旧約聖書の「創世記」ではないでしょうか?
神の子らと人間の娘たちの間に生まれた子供が「ネフィリム」、つまり巨人であり、彼らは大昔の名高い英雄たちであったと語られていますが・・・・。
ちなみに「創世記」は聖書の中で、神が世界を作り、人々が世界にひろがり、ヤコブの11番目の息子であるヨセフがエジプトで宰相の位につくまでの内容で、エデンの園追放、ノアの方舟、バベルの塔とよく知られる内容を含んだ、いうなれば「プロローグ」のような内容と思ってください。

そしてその後の聖書の中で登場する「ネフィリム」は、人間や天使が交配して生まれた巨人はお互いを殺しあって共食い等、とても知性的とは思えないし、どうみても乱暴者。ギリシャ神話でも、巨人族は知能が低く乱暴者、悪の象徴の印象が一般的であります。

蛇足ですが、一人称は「おで」の印象が強いです。

世界各地で発見される「巨人族の骨」

巨人なんて空想の産物と思っている方も多いと思うのですが、世界はおろか、日本でも巨人族の骨が見つかっています。
その中でもいくつかを紹介したいと思います。

エクアドル・ロハ州

1964年、エクアドル・ロハ州で病院で働いてた「カルロス・ヴァカ神父」が偶然に山岳地帯で骨のような物が露出していることに気付き、見に行ってみると巨大な人の骨があったそうです。専門家に調査を依頼すると、身長25フィート以上の人間の骨であったのです。

エジプト・首都カイロ

1988年、スイス人発掘家「グレゴリー・シュペリ」は盗掘者から「300ドル払えばお宝を見せてやる」という胡散臭い話にのり、カイロから北東に100km地点の農場に向かうのでした。

そこで見た宝は切り落とされたような状態で、布にまかれミイラ化した「巨人の指」。
盗掘者は、写真を撮らせてくれ、巨人の指が本物だとする証拠でもある、レントゲン写真や証拠書類を見せてもらえたそうです。巨人の指が欲しくなったグレゴリーは、盗掘者に買い取らせてくれと頼みますが、アラーの御名の下、販売することは叶わないと拒否されます。

しかし諦めきれなかったグレゴリーは2009年、再びあの時の盗掘者を探しましたが、見つかりません。もちろん巨人の指も行方不明のままです。

アメリカ大陸

コロンブスがアメリカ大陸を初めて発見した以来、ヨーロッパの移植民や探検家によってアメリカ大陸は、探索や開拓されていきます。その途中で、ピラミッド型の墓がいくつも発見され、中には大きさが2.5~4mもある骨が安置されてたそうです。
発見者の中に、「巨人族の骨」として報告まとめたりとしましたが、どれも黙認され「巨人族の骨」はなかったことにされてしまいました。

アメリカ・ウィスコンシン州

1912年「ニューヨークタイムズ」にウィスコンシン州で巨人族の骨が見つかったと報じられました。
18体分もの巨人の骨が発見され、身長は2.3~3mもあり、手と足の指が6本ずつあったそうです。

1890年代にウィスコンシン州のマディソン郊外等で、巨人族の骨が発見されていた事もあり、ウィスコンシン州には巨人の居住区があったのでは?とされています。

イタリア・サルデーニャ島

2012年、イタリアのサルディーニャ島で巨人のモノと思われるアゴの骨と歯が見つかりました。見された歯は1本の大きさが3.5cm。歯の持ち主の体の大きさは想定で2.4~3mになるそうです。

しかもこの島には「巨人の墓」と呼ばれる墓が800以上、「ヌラーゲ」と呼ばれる巨大石塔も7,000以上あり、遺跡は「先代が生きていた頃に巨人たちの手により造られたもの」として信じられています。

日本で見つかった巨人の骨

2008年6月14日、岩手・宮城内陸地震が発生しました。とても大きな地震でマグニチュードは7.2、最大震度は6強というものでした。土砂崩れや家屋の倒壊があり地元のテレビ局はヘリコプターを飛ばしリアルタイムで中継をしました。

その中継中に放送事故レベルの事が起こります。それは崩れた土砂の中に巨人の骨が露出していたのです。
その直後、巨人の骨があった所にブルーシートが張られてしまい、その後の確認はできませんでした。しかしその後の報道では巨人の骨が綺麗に消えた状態で放送されていました。

ネットでは「巨人族の骨が回収された」「巨人族は闇に隠蔽された」など肯定的な物もあれば「あれはCGだ」「吉野が里遺跡から出土された骨と一緒だった」などの否定的な物もあったが、生放送だったこともあり「リアルタイムで見たからCGではない」という人がある一定数居たので真相は分かりません。

まとめ

調べれば調べるほど巨人の骨を発見した記事は出てきますが、信憑性に欠けるものも多く過去に存在したかの判断するのは難しいです。しかし、世界中に巨人に関する言い伝えが多く残っていることを含め、全て否定できるわけでもありません。

そして今回紹介した骨の大部分は、謎の紛失をしたものばかりで、単純に紛失するような代物ではないので「何者か」が隠ぺいしているのではないでか?とも思えてなりません。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次