MENU

グーグルアースで発見!?南極大陸に謎のピラミッド

いまからちょっと前ですが、グーグルアースで南極大陸にあるピラミッドが発見され、SNSなどで話題になりました。
今でも確認できるこの四角錐の物体、人工物なのか偶然そう見えるのか?
なので今回は「南極大陸の謎のピラミッド」について紹介します。

目次

ピラミッドとは

ピラミッドの語源はギリシア語の「ピラミス」から来ているといわれています。

エジプトといえばギザの三大ピラミッドが有名で石材で建築された四角錐の建造物です。
ピラミッドは主に“王墓(王侯貴族など主人の墓)”や“王族の墓”として建造されるのですが、後の時代では墓としてではなく、力の誇示と権力の象徴として建築したといわれています。

エジプトの他にも、中央アンデス地域でピラミッドは多く造られました。
こちらのピラミッドはお墓だけではなく、主に「祭祀場」や「供犠・礼拝」などが行われる神殿です。

南極大陸のピラミッドの特徴

南極大陸で見つかったピラミッドは、海岸から10kmの所にあり内陸部に2基、海岸部に1基あります。
見た目はエジプトのピラミッドと同様の四角錐。しかし南極ピラミッドは、ギザのピラミッドで一番大きいクフ王のピラミッドの底辺が230mに対し、南極ピラミッドの底辺は400mと2倍以上の大きさです。

自然にできたとはとうてい思えない近郊の取れた形なのですが、専門家などによると、氷河地域にみられる「ヌナタク」と呼ばれる地形だという主張あります。
ヌナタクとは「氷河や氷床が突き出て山や丘を形成、氷食作用を受けてピラミッドの様な形状になった地形」で、たしかに論理的ではあるのですが、大きさ、大小複数あるのは不自然なのでは?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる