格闘ゲームブームに登場した、機動戦士ガンダムの格闘ゲーム?

1993年・・・世の中はまさに格闘ゲームブーム。
様々な格闘ゲームが世にリリースされ、ゲームセンターでは毎日格闘ゲームでプレイヤーが溢れ返り、スト2などメジャータイトル以外にも、ゲームセンターはいつも賑わっていました。

そんな時代の中でも、「機動戦士ガンダム」は身近にあり、格闘ゲームとしてバンプレストから発売したのが対戦格闘ゲーム「機動戦士ガンダム」でしたが・・・

(C) 1993 機動戦士ガンダム 創通・サンライズ/バンプレスト

どんなゲームなのかと言えば、アニメ版の機動戦士ガンダムを題材にして一年戦争の戦場を舞台に、モビルスーツに乗るアムロやシャアなどを操作し、敵対するモビルスーツを倒していく、ごく普通の基本的な格闘ゲームでした。

モビルスーツの主兵装であるビームライフルにザクマシンガンなどがコマンド入力によって必殺技として使用され、ビームサーベルやヒートホークなどの武器を使用して戦い、レバーと弱攻撃、中攻撃、強攻撃などのボタンを操作しながら戦う内容は何処にでもある内容ですが、この作品の中にはセイラ専用ガンダムがあり、彼女も戦う兵士として登場すると・・・少し変わった内容でガンダムの世界観が楽しめる作品でもありました。

(C) 1993 機動戦士ガンダム 創通・サンライズ/バンプレスト

また連邦同士なのに戦い、またジオン同士なのに戦ってしまうと、シャア対アカハナと少し変わった対戦が楽しめる内容が面白い作品でもありました。

続編では「機動戦士ガンダム EX REVUE」が登場し、セイラさんはカイに変わり、少し寂しい気持ちがありましたが、このゲームオリジナルのジオン公国軍の試作型モビルスーツ 型式番号MS-19 ドルメルが登場するなどと、前作よりも面白く楽しめる内容でした・・・が、筆者は格闘ゲームが苦手で必殺技を出す事が出来ないと難儀をしたモノです。

(C) 1994 機動戦士ガンダム EX REVUE 創通・サンライズ/バンプレスト

 

特に、この作品も格闘ゲームの御多忙に漏れず、コマンド入力がさらにテクニカル?な超必殺技が存在し、まったくに使えませんでした。

その為にビームライフルで遠距離攻撃をし、バルカンで牽制すると、アムロらしかぬ戦い方で勝ちを拾っていましたが、最終面のジオングまで辿り着いた事はなく、エンディングまでいけた事はありませんでした・・・。

シナリオモードはともかく、対戦格ゲーとしてのバランスは・・・・・・・・・・・・・。

(C) 1993 機動戦士ガンダム 創通・サンライズ/バンプレスト

そしていつしか時代の波に消えていき、ゲームセンターから無くなってしまったそれは、筆者の心にガンダムで白兵戦はしないと心に決めたのですが、カプコンから登場した「連邦vsジオン」で、白兵戦もありとなり、また最近登場した「ガンダムバトルオペレーション」で白兵戦仕様の機体を使うと、時代の中で変化していく心境にやはり筆者はガンダムが好きなのだと痛感しました・・・。

かつての格闘ゲームブームに登場した「機動戦士ガンダム」は、色褪せない想いでの作品でもあります。

アーケードゲーム「機動戦士ガンダム」プレイ動画サンプル – youtube


Writing by イバ・ヨシアキ

格闘ゲームブームの際、コマンドの難しい技が出せず、超必殺技を出した記憶がありません。
連打技が得意だったライターですが宜しくお願いします。

(C) 1993 機動戦士ガンダム 創通・サンライズ/バンプレスト
(C) 1994 機動戦士ガンダム EX REVUE 創通・サンライズ/バンプレスト

最新情報をチェックしよう!