7月中旬に石川県の港フェスタいった話

去る2017日年7月15日。この日は休みでサバゲ仲間と共に石川県に長距離ドライブとなり、朝3時ごろに叩き起こされて車に乗りこみ、たどり着いたのはは金沢港。

港フェスタに海上自衛隊の護衛艦「かが」を見学にいきました。
暑かったですがそんなに日差しがきつくなかったのは救いで、梅雨入りしているのに晴れていたのが奇跡でした。

港には「護衛艦かが」が停泊していて、とても巨大でカッコいいデザインで見とれてしまいまします。通信用のアンテナやレーダーがまさに軍艦というイメージで質実剛健な作りですが、近代的で最新鋭の装備という感じでした。

アナウンスが流れると拍手が起こり、「かがよく来た!」と叫んでいる人や感動で涙ぐんでいる人もいて印象的でした。

自分たちは比較的前の列で、後列では途中で入場制限もかかっていたのでラッキーでした。取り合えず進み、荷物検査をしてもらい乗艦。初めての船内には、加賀と書かれた旗があり、それをくぐり格納庫へ。

格納庫では金沢大学の大学生の方々の琴の演奏等があり、船内で演奏が聴けるとは贅沢な気分でした。いろんな旗やタペストリーもありましたが、艦これのキャラクター加賀さんのイラストもあり、人が群がっていたので艦これファンも多いなと感じました。

それからエレベーターで甲板に上がります。上がるときにゆっくりですが、重厚でなんか胃が持ち上げられそうな感覚でした。

甲板は広く平らすぎて落ちるんじゃないかと一瞬思いました。金沢港から見える海が広く綺麗で素敵でした。

気づいたのが甲板の床が結構ザラザラしていて、転んだら結構深い擦り傷になるなと思い転倒しないようにゆっくり気を付けて歩いてました。甲板からファランクスや重機関銃も見え、護衛艦という実感。

普段乗船することができないのでレアだと改めて思いました。

船から降りるとグッズ等の販売がありちょっと買って帰りました。
非常に濃厚でいい時を過ごせました。また港フェスタに行きたいものだと思いました。


Writing by 悠生

40代のサバイバルゲームを楽しむ者です。
相棒はP90とグロッグです。

記事内の画像はライター様の都合により、フリー素材としてされた写真をつかっております。

画像の使用に関して問題がある場合や画像を提供して頂ける場合は「問い合わせ」より連絡をお願いします。

最新情報をチェックしよう!