破天荒なアクション!ハワイ5-0のご紹介!

ハワイファイブオーはアメリカで製作されたテレビドラマです。
1968年~1980年に放送された旧作のリブート版で、2010年に「HAWAII FIVE-0」として放送以来、2020年の10まで続いた品気作品。ハワイを舞台にした特別捜査チームの活躍を描いた作品で、ハワイ現地で撮影されています。

目次

主人公は元ネイビーシールズ

このドラマの主人公、スティーブ・マクギャレットは元ネイビーシールズです。
彼は任務中に元刑事の父が殺されたという知らせをきき、故郷のハワイに帰り、父の事件の捜査をしていたスティーブンス刑事(ダノ)、父の元相棒だったが汚職の疑いを掛けられて警察を辞めたチン・ホー・ケリー、ケリーの従妹で元サーファーで警察学校在学中のコノ・カラカウアらを集めて、ハワイ州知事直属の「ファイブオー」という特別捜査チームを設立しリーダーとなります。ちなみに 「ファイブオー」 の名前の由来は、ハワイは「アメリカ50番目の州」と、スティーブのアメフトのユニフォームの番号からです。

ドラマの魅力

ハワイと言えば、のんびりした感じの南国のイメージなのですが、このドラマは違います。
テロに麻薬に強盗に連続殺人、メキシコ系ギャングに日本のヤクザ・・・凶悪犯罪が目白押しです。

対するファイブオーの捜査も容赦なく、捕まえないと事件の真相とかわからなくなるだろーに、抵抗されると犯人を思い切り射殺してしまうし、容疑者を捕まえても弁護士を呼ぶ権利とかふざけるな!と言わんばかりに、密室で拷問じみたことまでやって自白させます。

直情型で突っ走ると歯止めがきかないスティーブは犯人逮捕のためならば、ビルから飛び降りもするし、橋からトラックに飛び移るなど朝飯前です。山火事のなかヘリで山小屋へ救助に行き、ひとりひとりを救助する時間がないと、山小屋にロープを回させて小屋ごとヘリで持ち上げるなどとあさめし前。

アクション以外も

豪快なアクションと共に、車で移動中などに、スティーブと東海岸のニュージャージー出身の相棒のダノとのハワイと本土の違いとか、恋愛話とか家族の話とか色々な話を、あーだこーだのおしゃべりも見ものなんですよね。

ダノ役のスコット・カーンは、「ゴッドファーザー」などでお馴染みのジェームズ・カーンの息子で、ジェームズ・カーンがゲスト出演して親子共演したこともあります。
長く続いているので、レギュラーの移り変わりもあり、検視官役でレギュラーだった「ヒーローズ」のマシオカ君や、怖い顔をすると凄味があるけど、笑うととても穏やかでいい人に見えるチン・ホー・ケリー刑事やコノ刑事が降板してしまったのがちょっと残念です。
ハワイ5-0は、だいたい一話完結で色々なチャンネルで放送中。

出演:アレックス・オロックリン, 出演:スコット・カーン, 出演:ダニエル・ディ・キム, 出演:グレイス・パーク, 監督:ピーター・レンコフ
¥5,164 (2022/01/01 18:03時点 | Amazon調べ)

HAWAII FIVE-0 © 2021 Universal Television, LLC and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

感想をお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる