アウトローの破滅と破綻の生き様を描いた問題作「ヒート」

今回は1995年に発表された、名優「アル・パチーノ」「ロバート・デ・ニーロ」主演のアクション映画「ヒート」を紹介したいと思います。

舞台はロサンゼルス。
ロバート・デ・ニーロ扮するニール・マッコーリーは、綿密な計画を立て、腕の立つ犯罪者を組織し、現金強奪を行う事を生業とした犯罪者でした。麻薬カルテルのマネーロンダリング請負人であるヴァン・ザントが持つ無記名の株式証券を強奪し、巨万の富を得る筈でした・・・が、新人のウェイングローの裏切りにより、計画は破綻してしまい、強奪した証券を持って逃げられてしまいます。

「アル・パチーノ」扮するロス市警察のヴィンセント・ハナ警部補は、この事件を担当する事となり、ニールを追跡していきます。犯罪者として生きてきたニールは、自分の足跡を追われない様に過ごしていましたが、ヴィンセントの明晰な捜査力の前に彼は追い詰められていきます。

仲間の裏切りや、計画の破綻と、いつも順調だった筈の人生が崩れ始めていくニール。
そんな中で、彼はイーディと名乗る女性と出逢い、今までの自分の人生の全てを見直す程に魅力的な彼女に惹かれていき、彼は犯罪者として過ごす事を止め、最後の仕事を終え、彼女と共に新しい人生を歩む事を選びます。

ニールが最後の仕事として選んだのは、連邦銀行襲撃でした。
人生の全てを洗い流せるほどの大金を稼ぐ事が出来る最後の仕事の前に、ニールはヴィンセントと邂逅してしまいます。
コーヒーを手渡され、身の上を話していく二人。

ヴィンセントは警官としては優秀でしたが、家庭を持つ夫としては上手くいかず、妻の麻薬依存に子どもの問題などを抱え、立場は違えど、ニールと同じ境遇だと奇妙な共感を抱いてしまいます。警官と犯罪者と対極の位置にいる二人は、今度会えば殺し合いをするだろうと宣言し、ニールは人生を掛けた銀行強盗を開始します。

銃火器で武装し、連邦銀行を襲うニール達。しかしその場にヴィンセント達が現れ、ロスの街中は激しい銃撃戦へと巻き込まれてしまいます。計画が漏れていたと、仲間の裏切りを疑うニール。

はたして、この強奪は成功するのでしょうか?

と、アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの掛け合いと、犯罪者として生きるニールと、警察官として職務を全うしようとするヴィンセントの二人が、それぞれの存在を掛けて、己の道を貫こうとするアウトローな生き様は、この作品を通しての見どころともなり、アウトローとして生きるニールの生き様と、警察官として正義を貫こうとするヴィンセントの掛け合いが見どころとなります。

そして筆者おススメの最大に見どころは、この映画の後半となる息もつかせぬ街中での銃撃戦。
スーツ姿のニール達が、街中で警察官相手に銃撃を交らわせ、それを追跡するヴィンセントと、迫力のある市街戦は、この映画最大の見せ場とも言えます。熱い銃撃戦を堪能したい人におススメの映画です。

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥1,554 (2022/01/03 20:48時点 | Amazon調べ)

イバ・ヨシアキと申します。
武骨な男がスーツ姿で防弾ベストを着込んで、アサルトライフルを持つ姿もカッコいいのですが、どちらかと言えば女子が制服にタクティカルベストを着込んで、アサルトライフルを持っている姿が押しなライターですが、宜しくお願い致します。

ヒート (C)1995 Monarchy Enterprises B.V. and Regency Entertainment (USA), Inc. All Rights Reserved.

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる