架空の平成で憲兵が活躍する漫画「平成complex」

もしも大日本帝国が存続していたら
と言うもしもの世界
それを架空の平成の時代で描かれたのが小だまたけし著「平成コンプレックス」です
憲兵を主人公に広島が舞台の本作を紹介します。

太平洋戦争を回避した日本

「平成complex」の舞台は1994年の平成時代の大日本帝国です。
アメリカとの太平洋戦争を日本が回避したので帝国の日本が存続した世界観になっています。

舞台となるのは広島市にある廣島憲兵隊、主人公はその広島憲兵隊に所属する戸原曹長です。
遅刻同然で慌てて通勤し、同じ下士官の同僚からからかわれるような女性憲兵である戸原
そんな彼女に新たに着任する憲兵少尉の部下となる事が決まります。

大陸で活躍しヒラから少尉に昇進し「今日(いま)のらくろ」と称えられる平成太郎が戸原の上官となります。
平にとって新しい任地である広島市の案内を戸原はしますが、平は戸原を連れて遊び回るばかりです。
平が言われるような凄い人物と違うと戸原は幻滅しますが、平はテロリストの犯行を防ぐためにはこうして地道に歩き回る重要性を説きます。

すぐにその重要性に気づいて爆弾を発見した戸原は平への考えを改めて行きます。
しかし、広島市で開催される国際スポーツ競技会である大亜細亜体育大会でテロを起こそうと暗躍する者が居たのです。
果たしてテロを阻止できるのか!?

もしもの世界を楽しむ

平成の世界に存続する大日本帝国
それを描写した作品が本作の魅力です。

近代化改装をされて現役の戦艦「大和」があり、平成の光景に軍服の人達が多い世界
架空戦記で夢想するような光景が日常描写としてあるのです。
また現代の広島市の光景も漫画の中に取り入れられているので広島市に住んでいたり、行った事のある方も知っている場所が描かれていると楽しめるでしょう。
惜しむところとしては、本作が1巻だけで打ち切られた事でしょう。

平を中心に訳ありな登場人物達
東京で陰謀を巡らす将校達
伏線が張られているだけに続きが無いのが残念な作品です。

現在、漫画図書館Zにて「平成complex」の前に描かれた「平成イリュージョン」が無料で公開されています。
「平成complex」の基となっただけに同じ部分はありますが、単行本だけでは物足りない方にお勧めします。

(C) 平成complex 小だま たけし 少年画報社/ヤングキング

最新情報をチェックしよう!