MENU

HG 1/144 ガンダムエアリアル を素組してみた

新作ガンダムの主役機 HG 1/144 ガンダムエアリアルを組み立てました。

目次

ガンダムエアリアルのキット概要

ガンダムエアリアルは2022年の発売のキットで、ポリキャップ一切不使用、関節はKPSを使用、クリアパーツを多数使用している。胸部の光を放つイメージのインモールド成形されたパーツはABS製ですが、塗装することは絶対的にないと言える部品で、さらにプラスチック製の同一パーツが有り、シールでフォローできるので問題ないでしょう。

塗装の必要な箇所は極めて少なく、分離してビットにもなるシールドのパーツの一部を白、本体ブルーで塗る箇所、足首の後ろ側をダークグレー系で塗る箇所がありますが、足首の後ろ側以外はシールでもフォローされています。顔に関しても塗装はほぼ必要なく、バルカン砲らしき部分の塗り分けだけで見栄えのするものになります。肩アーマーの赤いラインはグラデーションになっているため、シールを使ったほうが良いでしょう。

組み立てる前のキットを見て驚くところも多く、顔のパーツがかなり一体で整形されていて、縦方向に伸びるアンテナまで一つの部品でできています。また、ABSパーツは緑色の袋に入れられているところもポイントです。

このキットではシールをクリアパーツの裏面に貼るというケースが多く、シールの接着面に模様が入っているという構成になっていて、このガンダムエアリアルに関してはシール自体が表面も裏面も金属光沢になっています。

組み換えで遊べるガンダムエアリアル

ガンダムエアリアルはシールドがビットに分離するという機構があり、さらに分離した部品は体の各部やビームライフルのバレルに装着するという遊びができます。ただし2話目の作中までではシールドをビットにするというところまでしか披露されておらず、全身に装着した部品からビット攻撃への展開などを行われるかもしれません。

3mmの穴が各所に開いているため、オリジナルの部品、過去のガンプラ系カスタムパーツを付けるということも可能ではあります。ストーリー展開次第では新たなオプションを付けるということもあるかもしれません。なお、2022年10月時点ではフライトユニットの発売が予定されており、こちらはビットとはあまり関係のない装備のようにも見えます。

水星の魔女キット展開と今後

最近のガンプラの入手困難な傾向、Gレコやガンプラ系アニメの数年前のTVシリーズのキットの入手難度の高さから、今回も数年後には入手困難なキットも出ると考えられます。
敵モビルスーツ、オプションセット、大型キットに関しては欲しいと思ったうちに買うのがおすすめです。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥4,200 (2022/11/13 19:02時点 | Amazon調べ)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次