驚異の可動範囲 HGガンダムG40

HGガンダムG40を組み立てた!
驚異の可動範囲に驚いた!

一般からプレミアムバンダイでの販売になったG40

HGガンダムG40は当初一般販売キットでしたが、購入時に出遅れてしまい再販売を待っている状況の中、プレミアムバンダイでの発売という以外な方向性になりました。

最近プレミアムバンダイは過去の一般販売キットを販売していることも多いため、今後G40がずっとプレミアムバンダイでの発売になるのか、一般店頭販売になるかはわかりにくいところですね。
別の初代ガンダムの新キットBEYOND GLOBALが発売される頃には一般販売を期待したいところです。

G40の可動範囲

ガンダムG40は工業デザイナー奥山清行氏が手掛けたデザインとなっており、胸のダクト、頭頂部あたりに独自性が見られますが、プロポーションのバランスが非常に人間に近くなっていることが面白い点です。

可動範囲へのこだわりが凄まじく、腹部の内部は可動のためのパーツで構成されており、ひねりの動作が可能となっています。また、肘から下部分が左右方向に回転、同じようにスネ部分が膝から独立して回転するため非常にポーズがつけやすくなっています。

また、肩の可働に関してはデザインの段階から取り組んでいるので相当広い可動範囲となっています。また、腰アーマー部を展開させずに足を挙げられるようにしたアイデアにはこのキットの肝と言えるでしょう。
肘や膝の可動範囲は完全に折り畳めるレベルですが、全て1軸の関節になっているところには驚かされます。

G40のキット概要

G40は非常に広い可動範囲を誇るキットですが、ポリキャップは一切使われていません。
そのため比較的組み立てがスムーズになっており、色分けもかなり充実しており、色分けがなされていないのは目の部分と腰中央のVマークだけです(ともにシール対応)。

手首は平手が用意されており、武器はビームライフルとビームサーベル、シールドが付属しますが、ハンマーやバズーカが付属しないのは惜しいところでしょう。
付属のブックレットは大変読み応えがあります。


TMA 
ガンプラが好きですが塗装が下手なので最近のキットが好きです。
最新情報をチェックしよう!