田畑作之介ちゃんひき逃げ連れ去り事件は偶然なのか?

ひき逃げ事故は、監視カメラやNシステムが発達した現在でも後を絶たない。
意図せず人を轢いてしまった時に気が動転したりなんだりでとっさに救助を怠り、その場から逃げてしまうという心理は、理屈上はわからなくもない。
しかし、このひき逃げ事件は群を抜いて悪質だ。
なんとこの犯人、子どもを車で轢いてしまった後に、「病院に連れていく」と被害者を助けるふりをして連れ去ってしまったのだ。
果たしてこの事件は、偶然の自動車事故なのか、それとも・・・。

目次

夕暮れ時に起きた事件

1978年3月3日16時半頃、大阪市住之江区。もうじき日も暮れようという時間帯、田畑作之介ちゃん(3)は友人(5)とともに、自宅のそばの道路で遊んでいた。
そこを走ってきた車にはねられたのだ。
友人は、作之介ちゃんは顔から血を流し車にはねられた衝撃でぐったりとしていたと話しており、早急に病院に連れて行くなどして手当をしなければいけないのは明らかな状況だった。

はねた車から出てきた男性は「どこの子やろ?(救急車を待っている余裕はないので)自分の車でこの子を病院に連れて行く」と言い、作之介ちゃん自分の車に乗せて走り去ったのだそうだ。
この時点では本件は不幸にも人を車ではねてしまった(はねられてしまった)交通”事故”ということになる。
前述の言葉通りであるならば、車ではねてしまった加害者は少なくともドライバーとしての救護義務を果たそうとしていると受け取ることができる。

しかし、ここから“事件”は不可解な様相を呈する。
一緒に遊んでいた友人は作之介ちゃんの家に駆け込み、この子の母親に事故を知らせた。
知らせを聞いた母親は、急いで知らせてくたれた友人の子と事故現場に戻るが、そこにはすでに車も運転していた男性も作之介ちゃんも見当たらない。

母親は「病院に連れて行く」という男性の発言から、近隣のいくつかの病院に問い合わせをしてみたものの、どの病院に問い合わせても作之介ちゃんらしき男の子が運び込まれた様子がない。
おかしいと思った母親は警察に連絡。

翌日になっても

翌日、3月4日になっても、作之介ちゃんが病院などで手当てを受けた形跡がなく、本人も見つからないことから、警察は誘拐容疑事件とみて捜査を開始。
夕方の時間帯ということで人通りも多く、友人の子どもだけでなく大人の目撃者も多くいた。
それらの目撃証言をまとめると以下の通りになる。

  • 犯人は40歳くらいの男性
  • スーツ姿ではない
  • 車の色は白
  • 車種はカローラと思われる
  • 南の方向へ走り去った

これらの証言から犯人は「中年の男性」と断定。モンタージュ写真などを作り、本格的な捜査が行われた。
このように多くの目撃証言があったものの、決め手となる車のナンバーがわからず、監視カメラが町中にあふれる時代でもなかったため、その後の車の足取りもわからずじまい。
結局、犯人も車も行方すらわからず、作之介ちゃんはその安否もわからぬまま、待つ人のもとへ帰ることは今日までなかった。

不慮の事故なのか、計画的事件なのか

そもそもこの事件、起こった事実をそのまま受け取るのならば、偶然起きた自動車事故を発端とした事件だったと考えられるが果たして本当にそうなのだろうか。
この事件の真相について考えてみたい。

ひき逃げ事故を結果的に隠ぺいしようとした事件説

事故のあった場所の現場検証によると、遊んでいる作之介ちゃんを自らの車の進行先に発見した場合、運転手であれば当然急ブレーキを踏むはずだが、そのようなブレーキ痕はなかったとされている。
また、車が作之介ちゃんをはねた後、停止するまで数十メートルも走っていたという証言もあった。

これらの痕跡から、そもそも犯人は前方不注意などの理由で誤って作之介ちゃんを車ではねてしまう事故を起こしてしまった。
はじめは本当に作之介ちゃんを病院に連れていくつもりだったが、自分の車で搬送中に作之介ちゃんが亡くなってしまい、事故によって逮捕されることを恐れた犯人がどこか人目のつかないところに作之介ちゃんの死体を遺棄した。

ひき逃げ事故を故意に隠ぺいしようとした事件説

最初に作之介ちゃんを車ではねたことは事故だったものの、とっさに頭を働かせ被害者をその場から意図的に連れ出し、作之介ちゃんに故意に治療を受けさせずに殺してしまうことで事故による捜査のかく乱とひき逃げによる逮捕を免れようとした。
もしも、被害者をはねた後、数十メートル走行する間にこのシナリオを考え、実行に移したのだとすると、この犯人かなりヤバい思考の持ち主である。

そもそも誘拐が目的だった説

そもそも作之介ちゃんを連れ去ることが目的で、わざと車で轢き、抵抗できない状態にしてから誘拐したということも考えられる。
実際に作之介ちゃんの家に身代金要求の電話等はなかったものの、連れ去り後、犯人側の事情が変わり、そういったアクションがとれなかったのだ。
誘拐事件が起こった際、誘拐された者が身代金要求時にはすでに死んでいる、または瀕死状態であることは多いため、車で轢いた後の作之介ちゃんの安否は犯人にとってどちらでもよかったのだろう。

身代金を要求される家族からすれば、我が子が生きていようがいまいが(もちろん生きて帰ってくることに望みを託してはいるはずだが)、自分たちの手元にその身が帰ってくることを切望するはずである、
かなり乱暴な方法であるし、夕方、多くの人が行き交う路上という犯人自身の姿が人目につきやすい場所での犯行になるため、可能性として低そうではあるが、検討の余地はあるだろう。

殺人自体が目的だった説

この犯人が誰でもいいから“人を殺したい”という殺人衝動の持ち主という可能性も捨てきることはできないだろう。
そもそも人を車で轢いたこと、それ自体が故意だったのだ。
轢かれた時点でかなり危険な状態ではあったものの、まだ生きていた可能性もあった作之介ちゃん。

轢いた後に考え直したかのように車を降り、現場に戻って被害者を連れ去ったのは“確実に人を殺したい”また“人が死んだか確認したい”という犯人の精神の異常性の為せる行動だったのかもれいない。
過去から現代において、自らの殺人衝動を抑えられずに罪を犯す快楽殺人鬼は数多存在する。
この事件の犯人もそういった心の異常を抱えた人物だったのかもしれない。

本当にただの事故から始まった事件だったのか?

本当にただの事故から始まった事件だったのか。
犯人の事情や目的によって、ガラリとその見方を変えることができるこの事件。
この事件は業務上過失致傷、略取誘拐罪としても5年の時効、殺人罪としても15年の時効が成立している(事件当時の刑事訴訟法では、殺人罪にも15年の時効があった。平成22年4月の刑法および刑事訴訟法の改正によって現在殺人罪の時効は撤廃)。

犯人の真意はどこにあったのか。
そして不慮な事故であったにせよ、故意に起こした事件であったにせよ、自らの責任による人の死を隠匿しようという薄暗い精神を持った人間が社会の中に確実に存在することを、私たちは忘れてはいけない。

※画像はイメージです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

どんな事でも書いてね!ネガティブも可!

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる