多様支援艦ひうちを観に行ってまいりました。

去る8月上旬、サバゲー仲間に連れられて、今年も新潟西港へやってきました。
多様支援艦ひうちの見学会です。

8月上旬

地元の有名な花火大会があり、見終えてゆっくりオフを過ごす予定でした。
今までの仕事の関係で代休を連続で貰う事になり、ゆっくりと本当に過ごす予定だったんですが・・・そこに一本の電話が鳴ひびく。

それはいつものサバゲー仲間のAさん。新潟西港に「ひうち」がくるので見に行かないかというお誘いでした。
出張や、暑さ、日々の仕事や生活の疲れもあり今回はパス!と丁重にお断りしましたが、飲み会でタダで奢ってやるという文句に釣られ根負けしました。

image credit:Vessel And Ships Photo Gallery

翌朝

翌朝、5時くらいから迎えが来て車に乗せられ高速道路で新潟にむかいます。早朝なのでスイスイいけました。
車内では運転手以外、朝から全員酒盛りが始まっています。私は勧められましたが、折角行くのだからひうち見てから飲もうと我慢。

到着すると天気は晴れでいい日差し、朝から熱すぎ。あっという間に水分補給しペットボトルが空になりました。
他の並んでいる方々は、若い方から年配の方まで様々な方たちが多く、皆、熱さに耐え、ひうちへの乗船を待っています。
ただ日差しが暑すぎて辛かった。ずっとその場にじっとして突っ立っているのは、ほんとにきつかった。靴に日差しが当たると暑くて悶えそうでした。

image credit:Vessel And Ships Photo Gallery

時間になり

停泊しているひうちの存在感が大きく、威圧感が漂っています。
時間になりようやく、ひうちに乗船しました。多用途支援艦のひうちに乗れて感動しました。
先月はみょうこうを見れて、今月はひうち。何てラッキーなんだとあらためて気づきました。

12.7mの機関銃が無機質ながらも重厚感があり、今にも弾が発射しそうな勢いです。隊員の皆様からの説明で、ひうちは様々な用途で活躍する船であると教えられ、戦闘はもちろんですが、魚雷発射の訓練にも利用されるそうです。

image credit:Vessel And Ships Photo Gallery

艦内を色々見ましたが、いざという時の消防の装置一式もなかなかの物で、消火活動も迅速に速やかに対応できる装備も素晴らしいと思いました。魚雷を回収する装置もあり中々お目に掛かれない物を見れて満足でした。

でも、甲板や外は熱くて厳しかったです。直ぐ見て降りる方が意外といた気がしました。
仲間には酔いや体調の悪くなった者いませんが、誰一人写真を撮ったものが居ないというのも珍しいです。
昼になる前に撤退しました。もし夏場や少し涼しさがあれば、もうちょっと長居したでしょう。

ひうちの雄姿をしっかり見れて感激でした。


悠生

40代のサバイバルゲーマー、P90とグロッグで戦う男です。

※画像は提供していただけませんでしたので、Vessel And Ships Photo Gallery よりお借りしました。イメージ画像となります。
(C) Vessel And Ships Photo Gallery. All Rights Reserved.

最新情報をチェックしよう!