仏様が来られる。

8年程前、大好きな祖母が亡くなってしまい、お通夜の寝ずの番~お葬式と一日半弱ほど家を留守にしていました。
家族は既にお葬式会場へ向かっており、私は愛犬をペットホテルに預ける為、ギリギリまで愛犬と一緒にいて、家族の最後に家を出ました。

最後なのでガス、水道栓と戸締りをし、最後に防犯の為に玄関、家の中の電気をつけていきました。ちなみに玄関の外の電気はドアの真上にあり、20年程前に電球が切れてしまって以来、火事にならないようにと、ずっとそのスイッチは触っていない。

お葬式が終わり、愛犬をすぐ迎えに行き、家に帰宅すると・・・玄関の外の電気がついていました。
なんで??と家族みんなも不思議で、宿泊カバンやら愛犬やお預けする荷物が多かったから、玄関のスイッチに肩でも当たったんか?と言われましたが・・・・当たったとしても20数年電気つけてないのに?
おばぁちゃん来てくれたのかな?と思うようにして、この話は終わったのです。

次に、主人側の身内がお亡くなりになった時の事です。
主人と主人の家族と私で、お通夜へ向かう段取りでしたが、実は前日から風邪を引いており、風邪の悪化で1人お留守番する事になりました。

主人のお家は玄関の電気は、人を察知して電気が付いてくれる優れものです。
私が寝ていたお部屋は廊下に面したお部屋で、ドアを開けたまま寝てた所、勝手に電気がつきました。

掃除だとかで時間がかかって消える事があっても、電気がつく事は初めてです。
なんで?と思い、寝ぼけて愛犬がそっち行ったのかな?と思ったら、愛犬はベットで一緒に寝てました。

それもまた亡くなった方が来てくれたのかな?と思うようにし、この話も以上です。

主人側の身内がまたお亡くなりになった時から、蛾や蝶々を良く見るようになりました。
しかも近くで足元から逃げないので、昔からの言い伝えでは蛾や蝶々や蜘蛛は仏様と聞いた事があり、もし出会えたら嬉しくもさえ思うのでした。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想をお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる