人類は火星人だったのか?!

オカルト・ミステリー

人類はどうして生まれたのでしょうか?

定説では、猿と同祖の類人猿から進化したことになっていますが、これは、真実なのでしょうか?進化論を書いたダーウィンの話に「進化論に一番当てはまらないのが人間だ」という言葉があります。
人類創造の謎について私なりの見解を書いてみたいと思います。

人類創造についてですが、現在の進化論では、人類は猿と同じ祖先の類人猿から進化したもので、途中色々な人類が存在したと言われています。現在の我々人類は、ホモ・サピエンスですが、別の人類の代表的なものとしては、ネアンデルタール人がそうですね。

チャールズ・ナイト [Public domain], ウィキメディア・コモンズ経由

さて、本当に人類は猿と同じ祖先から進化したのでしょうか?化石を見ても最初の類人猿から現生人類との間には、見つかっていないもの、いわゆる、ミッシングリングがあるそうです。

そのため、「古代宇宙人説」では宇宙人が類人猿のDNAを遺伝子操作して現生人類を作ったと言われているようです。何故、そんな事をしたのでしょうか?古代シュメール文明では、アヌンナキと呼ばれる神が人類を存在したとの事です。

その、アヌンナキこそが宇宙人で、二ビルと呼ばれる星から、地球の金を採掘する為にやってきたと、その二ビルは太陽を楕円を描いて公転していて、何年か、何百年か忘れましたが一定の周期で地球に接近すると言われています。

Mariusz MatuszewskiによるPixabayからの画像

アヌンナキ達は、最初自分達で金の採掘をしていましたが、過酷な労働であったため不満が出て自分達では採掘が出来なくなったそうです。そのため当時、地球にいた類人猿のDNAと自分達のDNAを掛け合わせて、遺伝子操作をして現生人類を作り、金の採掘をさせたと言います。

やがて、アヌンナキの間でも考えの相違が出て、人類に味方する者が現れ、その者達が人類に知恵を授けたと、聖書で言うところのヘビだと思います。

これは、真実なのでしょうか?これより他にも、人類は実は元々火星に住んでいて、火星の環境が激変し住めなくなったため、地球に移り住んだという説もあります。

NASAは隠していますが、火星には、エジプトのピラミッドや、スフィンクスと同じ物があり、大気も地球と非常に、似ているという話しもあります。

私はこの説にも一理あると思っています。その理由は人類の体内時計にあります。人類の体内時計では、一日は24時間ではないそうです。非常に近い数字ではあるが、違うとの事です。

人類が地球で誕生したのなら、何故体内時計が自転の周期と一致しないのでしょうか?
おかしくないでしょうか?そう考える私の頭の方がおかしいのでしょうか?

人類の体内時計は、地球の自転の周期よりも、むしろ火星の自転の周期に近いと言う話しを聞いた事があります。だとしたら、人類は火星で生まれた可能性も有るのでは、ないでしょうか?

全て仮説の上の仮説なので信ぴょう性は乏しいかも知れませんが、面白い話しだと、私は50%以上の確率で信じています。

人類が実は火星人だったことを。


ライター トク

スピリチュアル系の話、不思議な話は聞くことも読むことも、そして書くことも大好きです。

※画像はイメージです。