「ハミングバード」いつものパターンでありながら異色な作品

私がはまっている英国俳優「ジェイソン・ステイサム」主演の映画「ハミングバード」。
いつものパターンでありながら、異色な作品について紹介します。

目次

あらすじ

主演のジェイソン・ステイサムは、ハゲでマッチョでアクションが大得意の男。
彼の出演する映画は元凄腕の戦闘員が現在は落ちぶれているが、新たな目的のため再び戦い、圧倒的な強さで無双するというパターンが多くあります。

今回のハミングバードもそのパターンにならっており、かつて特殊部隊の兵士だったステイサム演じるジョセフが、仲間を殺された報復で民間人を殺すところから始まります。

それを無人偵察機であるハミングバードによって見られた結果、軍から逃亡することになり、ホームレスとして姿を隠しているという話になります。

みどころ

ジェイソン・ステイサムは基本的にかっこよく、ハゲゆえにホームレスとしての演技が半端なくはまっております。
サイドだけしか無い髪の毛が伸び放題になっていて、まさに落ち武者スタイルです。

髪を長くしたステイサムを見る機会はなかなか無いので、役柄としてはまっていて凄いのですが、同時にシュールな笑いも込み上げます。そしてホームレス狩りに襲われるのですが、なすすべもなく必至に逃げるステイサムもなかなか見ることは無いので、ファンとしては逆に嬉しくなってしまいます。

その後、逃亡中侵入した高級マンションで、住人がしばらく留守にしていたことをいいことに、身支度を整え普通の生活を始めるのですが、ここからは凄腕のステイサムになります。当初レストランでバイトを始めるのですが、チンピラを撃退した腕っ節から、裏の仕事にスカウトされます。銃撃、拳や周囲のものを利用した戦闘、とにかくステイサムの圧倒的強さが味わえます。

さいごに

この映画は、基本的にアクションシーンは少なめです。ですが、ステイサムの迫真の演技と少ないながらもしっかりしたアクションシーンで、非常に見応えのあるものになっています。

本来の話の主軸は過去に傷をもつ教会のシスターとの恋の話であったり、ホームレス時代に仲良くしていた少女が惨殺されたための報復であったりするのですが、ジェイソン・ステイサムが好きすぎるのでステイサム中心のレビューをしました。
面白い映画なのでおすすめです。

出演:ジェイソン・ステイサム, 出演:アガタ・ブゼク, 出演:ヴィッキー・マクルア, 出演:ベネディクト・ウォン, 出演:ジャー・ライアン, 出演:ダイ・ブラッドレイ, Writer:スティーヴン・ナイト, 監督:スティーヴン・ナイト
¥400 (2022/04/02 20:36時点 | Amazon調べ)

ハミングバード(C)2012 Hummingbird Film Investments LLC

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

感想をお気軽にどうぞ

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次
閉じる